カテゴリー : 植物について(主に熱帯植物)

2020年2月2日 日曜日 お知らせ, 植物について(主に熱帯植物)

おれは○○をやめるぞ!J○J○!!

疲れた!疲れて心が折れるわ!

もう精神的にキツイんで出荷に切り替えたいと思う今日この頃ダヨ

こうさぁ、イチゴの上に折った枝を捨てんの止めてくれんもんかね??

落としたであろう実とかも乗ってる時あるし

別に怒りなんぞ湧かんケド、ゴミ箱に持ってきてくれやと思うヨ

重ねて言うケド…別に怒りゃしないんで、ちゃんとゴミ箱に持って行ってくれんカナ?

葉っぱの間に隠しても、地面に挿したり枝に引っ掛けて偽装しても…んなもんアタシにゃ全部バレてるし、悲しい気持ちになってんのよね

初年度から毎年、てーか毎週毎週あるし…日本人のマナーが良いとは(´・ω・`)

 

あと、コッチが大問題なんだがねぇ

大人数の予約は電話でお願いしてるワケなんスけど…

人数分けて同じ日に予約入れるのとか断固として認めませんから、そこんトコご注意下さい

まー、システム上出来てしまうのはアタシも確認してたんですケド、まさかやるのがいるとは思わんかった、ってのがマジな所よね;

はぁー…注意書きを多くすると、今でも読んでない人いんのに余計に読まない人が増えそうでイヤなんスけど

これに関してはキッチリ書かないと駄目かねぇ

正直なトコ、もう辞めたい気分だよ

なんなら石仮面を被って人間もやめたいしな

 

 

 

さーてと、愚痴った所で植物の話でもするかぁ

そう言えば、秋口にペリオニアの花が咲いたナ

昨年末にもちょいちょいペリオニアの入荷があったし、ウチにあるペリオニアでも紹介しとくカナ

このコがpellionia repens

有名ドコの増殖株だし、間違いないんだろうケド

…本当にレペンスかコレ?

と思うのは、そもそも情報が全然ないから^^;

最初は暗褐色~暗紫色の模様無しだったから判りづらかったケド、なんとか模様も出てきたし…レペンスっぽくなってきたカナ?

ま、調べると色々なレペンスが出てくるし、分布域も広いから亜種とか地域特変もあるんだろうケドねぇ

てか、ペリオニアは入って来る段階で名前無いのばっかだし困るわ(´・ω・`)

学名付いてる種もそれなりにあるケド、現地じゃ雑草扱いなんだろうネ;

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、2019年末位に入ったpellionia sp. (thailand purple)

コレは久々に当たりな気がする

葉の色はパープルというか黄褐色に桃色~薄紫な部分が入るし、葉脈もいつもと違う感じがする

まだそこまで成長して無いケド、今後の変化に期待が持てるネ

他のと同じ感じになったら泣くぞ( ノД`)シクシク…

 

あと、去年12月のシュリンプ祭りで手に入れたのが2種…どっちもペリオニアsp.タイ

んー………ぜんぜんわからん

葉形が丸っこいケド…こーいう植物って、大きくなるにつれて尖ったり鋸歯状葉になったりするからな(汗)

もうちょい日に当ててみて、模様がハッキリ出ればなんか判るかもだけど…マジで誰か研究者の方知りませんか??

ぶっちゃけ花も似てんのよ、うっすら色が違う位で

まー真面目に調べれば花序数とか花粉の形が違うんだろうケド、んなもん調べられるほど個体数が無いしな(- -;

…どっか大学の農学部で熱帯~亜熱帯植物研究科とか作ってくんないカナ??

なんなら仕事辞めて受験するのにな|д゚)チラッ

(因みに、熱帯作物の研究室なら割とあるのよね;)

 

それはともかく、もう1種のペリオニアsp.タイがコレ

むー、レペンスっぽい…多分レペンスかなぁ?

真ん中だけ色抜けする傾向があるし、葉形・色もそれっぽい

(いやまぁ、こんなん種の同定に対する根拠にゃならんのだけどさ)

ま、取りあえずは開花待ちだぁね

 

んで、開花した花がコチラ↓

 

 

 

 

 

コレはペリオニアsp.Berastagi(North Sumatra)

赤みはあるケド、こういうのもレペンスで紹介されてるから困る;

まー、レペンスで出てくる花の写真と見比べると…コッチはショボイけど似てるナ

ふむ…もっと大きい鉢で土に植え替えれば花数も増えそうだなコレ、スペース次第でやってみないとダネ

 

あと、コッチも開花したコだね

ペリオニアsp.Republic of Philippines

去年のナゴレプで手に入れたペリオニアだったネ

写真では分からんのだけど、花の色は白~薄紫がかかる感じダナ

やけに葉が大型化するケド、種としてはどうなんかねぇ

pellionia daveauana で出てくる写真が近いと思うケド、daveauanaはrepensのシノニムだからなぁ

てーか、pulchraもrepensのsynonymって載ってるのな…あの模様でシノニムなのか??

 

いやほんと、この仲間…ぜんぜんわからん^^;

今まで見た中で学名付きなのがrepensだけで、他は全部spなんだもんナ

海外のサイト漁ってもほぼrepensかpulchraだし、他のは殆ど写真が無いし

ここら辺のキッチリした同定と再分類が望まれるヨ

…事業の借金を返し終えたら仕事辞めて東南アジアでも行こうカナ^^;

てーコトで、今日はこれにて失礼ノシ

2020年1月5日 日曜日 植物について(主に熱帯植物)

オーストラリアの草は珍しいのに産地が無い(´・ω・`)

さて、年が明けたみたいですがアタシにゃどーでもいい事ダネ

別に何が変わるわけでも無いし、のんべんだらりと生きるだけよね

てー訳で、今日はオーストラリア…?の草

まぁ、あそこら辺の草でも載せときますわね

 

 

 

 

 

 

クリナム・ペドゥンクラータムの名前で買ったものがコチラ

crinum pedunculatum

これは…言語学に強い人なら名前で想像出来るかも知れんね

クリナムの部分はギリシア語で「百合」(crinon=lily)

ペドゥンクラートゥムの部分はラテン語…てか英語(peduncle)でもほぼ同じ「花梗・茎」

つまりは、茎の長い(或いは太い)百合みたいな植物…と名付けたかった訳ダネ

実際、現地の写真なんかを見るとかなり大型の球根植物なのが分かる^^;

あ、分類はユリ科(Liliaceae)では無くヒガンバナ科(Amaryllidaceae)なんで注意

まー、花を見ると分かり易く彼岸花に似てるからナ

(てことは…試す気無いケド、アルカロイド系毒素を持ってる可能性もあるナ)

 

分布域はそれなりで、オーストラリア東海岸に沿って小川やら感潮域に生えてたり、ニューギニア島・太平洋諸島にも分布している模様

(感潮域・・・潮の干満によって影響を受け、水位・流れが変動する水域)

ふむ、多少は耐塩性がありそうな感じ…てか思いっきり海岸線に植わってるわコレ

ただでさえ地植えなら2m以上になる上、半日蔭や霜にも耐え、排水性の悪い粘土質土壌でもおk…やたら強いな

まぁ、クリナム・アクアティカも水草としては丈夫だし、そういうモンなんかね^^;

…てかコレ、オーストラリアの草でもあるケド、ポリネシアかミクロネシアから入って来たんかね?

問屋で産地表記無かったらしいし、輸出入の規制が緩いトコから来たんかもしれんナ

 

 

それと、マルシレア・ドラモンディとか調子いいネ

Marsilea drummondii

属名はイタリアの植物学者marsigli氏に敬意を表して付けられ、種名はオーストラリアの植物学者drummond氏の名前を冠しているみたいネ

英語のサイトしか無いケド情報は豊富、調べてみると面白い植物ダヨ

植物としては田字草(ウォータークローバー)と同じ仲間なんで、水生~湿生のシダ植物だぁね

んで、やたら間延びしてると思うんスけど

現地では「この状態」だと、水中に根を張って葉っぱは水上に浮かしとく、って植生をとるみたいですネ

ただまぁ、原生地は基本乾燥地帯なのが面白い所^^;

雨や洪水なんかの湿度変化によって発芽トリガーが起動するタイプらしいんで、「この状態」は向こうの雨季にとる形態ってコトだぁね

そんで、水が引くのに伴って胞子形成が始まり、胞子を入れて保護するカプセルを生成

この胞子カプセルが流されて、乾燥しひび割れた泥土のクラックに落ちてまた発芽を待つ

…なんとこの休眠状態だと、乾燥環境で20~30年も休眠出来るらしいスよΣ(・□・;)

いやはや、なんとも面白い植物だコト、これは堪らんナ

そんな増殖形態だからか分布域も広く、オーストラリア全域~タスマニア島でも見られる模様

一応、クイーンズランド州やビクトリア州と言った南東部で特に多いみたいネ

…もっと個体数が殖えれば、乾燥させて子実体を形成するか確認出来んのに、実に残念ダヨ

ここら辺は中々に珍草だし、なんとか増殖させないとナ

レオパもクーリング時期に入ったし、仕事以外でも忙しいねぇ

 

ま、ぼちぼちいこか、という所で終わっとくかねぇ

んでわ失礼ノシ

2019年6月26日 水曜日 植物について(主に熱帯植物)

やたら暑いし、仕事忙しいし、イベントは行きたいし…ようやくレオパが孵化始めたし

こんちわ~

ハウス内は暑くて死にそうです…orz

まぁ、そんな中でも色々とイベントには顔を出せて良かったですヨ^^;

資金面に難があるので草はそう買えなかったケドな(´・ω・`)

んで、レオパに関してはようやく卵が孵化してきましたネ

初繁殖の個体も多いんで、未受精卵もかなり出てるケド;;

 DSC_0932

 

 

 

 

 

卵はこんな感じ、この時点で30~40個は採卵したケド、3~4割は未受精とかで孵化しない予感…

てか、実際に割ってみたらゲルとゾルの間みたいな白身だけ卵があったし

まぁ、キャンドリングしてれば端から分かったのだケド…今回は面倒でサボった結果がこれだよ

 

…そんで、孵化したのがコッチ↓

DSC_0948

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1016

 

 

 

 

 

 

 

タンジェリンレーダー♀×カルサイト♂の子供ネ(2クラッチ目)

ヨークサック?付いたままだったから心配だったけど、もう見えなくなったから大丈夫カナ?

後、モルフはどうだろ??

タンジェリンが飛んでるし、バンドの乱れ方からみてエニグマは無さそう…スノーレーダーとかかねぇ

ま、取りあえず極小コオロギ食べさせて育てて見ないとだぁね

 

 

 

っし、レオパはこの辺で終わっといて

今度はイベントで買った草の一部紹介でもするかねぇ

1回分がこんな感じ↓

DSC_0934

 

 

 

 

 

 

んー、シダとかクライマー系、後は変なの(笑)

とりま変なのだけ挙げとくか

 DSC_0936

 

 

 

 

 

 

 

 

 

?(インドネシア便)

同便からの推測で、恐らくボルネオ島のサトイモ科植物と思われる…という草

このまま放置しておいたら1週間そこらで葉がヘタってきたので、高湿度には弱い模様

その後、湿度70%程度で通気性の良い環境に置いたら葉がパリッとしたナ

新葉っぽいものも出てきたし、こっからどうなるかが気になるヨ

てーか、葉っぱだけ見ればアグラオネマだけど…にしては展葉の仕方や根に違和感が??

取りあえず育ててみて、そこから色々と調べてみるかねぇ…

 

DSC_0941

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南米の草

ふざけてんのかと思うかも知れんが、そもそもナナシで売ってるのだから仕方がない

タグにあるのは採取者の名前のみだし^^;

取りあえず店長サンと話すも正体不明、今度採取者の方が来た時に聞いて頂けるとの事

節間と言うか節そのものから太めの根が出てるし、育てて調べれば何なのかぼえそう…かな

 

DSC_0939

 

 

 

 

 

 

 

謎草(という名前で売ってた)

紡錘形をした葉っぱ、その正中線に沿って棘のある草(インドネシア産)

まー、詳しく聞いたらペリオニアだとのコト…何故ナゾノクサにしたし^^;

しかし、ペリオニアかぁ…ウチにあるのとは全然違うし、コレは面白いネ

店の人に聞いたら、成長はどんどん這って伸びるタイプだと言ってましたし、そこはやはりペリオニアの模様

既に展葉も始まってるし、確かに這い性で展開も早いナ…好きなタイプだわ

 

一応、変なのはこんな所か

この間買ったばかりだし、まだ正体の調査はしてないので悪しからず(- -;

と言っても色々と殖やしてるし、手数の為に自分のクローンでも殖やしたい気分ダヨ

…今度はちゃんと仕事の話でもしようかねぇ

てなところで今回は失礼を…でわノシ

 

 

 

2018年12月18日 火曜日 植物について(主に熱帯植物)

今年もイチゴ狩り・販売が開始出来ました~(今度はシダ植物でも話すか)

てコトですんで、ご入用の方はご予約のほどお願い致しますm( )m

 DSC_0197

 

 

 

 

 

んで、取りあえずはこんな具合にイチゴが生ってます

各々の予定次第ではありますケド、イチゴ狩りの方もよろしくですよ

 

 

まあ、イチゴ狩りとかの営業はこん位で終わりにしときましょうカネ^^;

残りは育成中のシダ植物でも載せときますワ

DSC_0069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シダsp.ナイジェリア(それ以上は不明)

ま、奥にあるネフロレピスみたいな葉っぱのがそうですネ

確か…2年くらい前インターに入ってたんだったかな??

環境としては、高湿度とそこそこの光量で安定する感じダネ

1回ヘビのケージに入れたら枯れかけたケド;(ライト無し・間接照明あり+湿度70%↑)

 湿度はそう変わらないこのケージでも問題ないから、あまりにも低光量だと育たないみたいネ

てか、今のところ葉裏に胞子嚢を形成してないのですケド…何の仲間なんだか^^;

見た感じ…アジアンタム(adiantum)の仲間か?

分布域もアフリカは入ってるし、子細は判らんケド

てか頼むから同定してから輸入してや(ノД`)・゜・。

 

DSC_0090

 

 

 

 

 

シダ sp.Ban-Phanom Surat-Thani Thailand.

またかよシダsp…てかなんだこの草全然判んね;

葉っぱはアスプレニウムとかに見えるケド、茎からの出方が全然違うしなぁ…

まあ、名前で分かるのはタイのスラートターニー・パノム群のシダってコトだけですネ

あ、パノムはタイのプーケット付近で…象の鼻でいうと少し折れ曲がった部分ダネ

…今回は立たせてるケド、今度は寝かせて活着性でも調べるか;

 

DSC_0080

 

 

 

 

 

 

 

シダ sp. エクアドル

…だから何だって感じですよね^^;

ま、株元から四方八方に茎を伸ばすタイプのシダですネ

 葉っぱは薄くて茎からは細根がびっしり、見た目通りに低湿度に弱いですヨ

てか、湿度70%とか切ったら時に萎れたからねぇ(高湿度で回復したケド)

見た感じ、コレについてはMicrogrammaの一種カナ

木とかに巻き付けて着生させると、現地の雰囲気が出て良さそうですよね♪

 

DSC_0085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは東南便のミクロソリウムやボルビティスが何個かあるケド、まーやめとこうかねぇ

 

てーことで、シダ植物の一部をご紹介しましたヨ

てか、ここら辺は意外と光量・湿度でいじけるんスよね

色々試そうと思うと、もっとケージ増やさないとですねぇ;

えー…そのためにもイチゴ買ってくれると助かります^^;

年末年始は1月4日以外営業してますので宜しくですヨm( )m

そんでは失礼します~ノシ

 

 

2018年11月13日 火曜日 植物について(主に熱帯植物)

わき芽取りが終わんない…まぁ久々に植物でも載せとくか

さてと、なんとか予約の受付も始められたねぇ

てか今年のイチゴは脇芽もランナーも旺盛で困るわね…

取っても取っても終わんないわー

あ、こんちわです…っても話す事が無いのですがどーしましょ^^;

 

取りあえずイチゴの写真でも↓

 DSC_0054

 

 

 

 

 

これが今年のミツバチの勤務風景ですネ

後ろ足を見るとなんとなく花粉が集められているのが分かるk…いや、分かりますかね?

実物を見ると結構判別し易いんスけど…写真だと微妙カモ^^;

因みに、ミツバチが働き始めるとハウス内の匂いでも気が付きますネ

ミツバチのフンがそこら辺の葉っぱに出るんで、なんかミツバチの匂いがしますヨ

あ、収穫期になるとイチゴの匂いが勝りますのでご安心を(笑)

 

 

さーて、んじゃあ育成中の熱帯植物でも紹介してきましょうかね

DSC_0067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスケージに入ってるのがこんだけダネ

この間整理したんで多少はスッキリしたカナ?

 主に背の高い草が入ってますケド、手前は這い性のもいるから…結局ごちゃ混ぜ(笑)

DSC_0078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちは衣装ケースに入ってる草

ピペルやペリオニア、這い性シダなんかの横広がりするのが多いナ

んで、後はカップとかガラス容器でちょこちょこって感じダヨ

 

んー…一気にやると面倒だし、ピペル属だけにしとこうかね

DSC_0089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Piper sp.Pulau Nias

まあ、文字通りにコショウ属の植物ですヨ(piper=pepper)

このコはインドネシアのニアス島に分布するみたいですネ

(Pulau Nias=Nias Island)

ん~、ピペル属は主に這い性だと聞いたんスけど、このコはなんか立ちそうな気も??

まだ小さいんで育てて見ないと判んないですケド^^;

鮮やかな緑のピペルはウチでは少ないんで、キッチリ大きくしたいネ♪

DSC_0081

 

 

 

 

 

 

 

Piper sp.Inanam

こっちのコはボルネオ島(マレーシア)の北部、サバ州はInanamの個体ですネ

カーキ色の葉っぱに対して、葉脈に沿ってピンクの斑が入る種類みたいだねぇ

(同じ名前で別の模様してるのもあるケド;)

このコは完全に○○カズラ、って感じの這い性を呈してるナ

…てか、葉っぱの大きさに対して茎が細い気がして心配だったり;

ま、色々と試して見ましょうかねぇ

DSC_0063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Piepr sp.MIAO

今度のコはこの名前で産地は書いてなかったのよね

まあ、調べりゃ出るモノなんで良かったケド

MIAOってのはどうもインドの最東部の州、アルナーチャル・プラデーシュにあるみたいですネ

そんなかでも東寄り…バングラデシュに出る大きな川(ジャムナ川~メグナ川)の上流域に位置するみたいね

この写真だと分かりづらいケド、緑の葉全体にピンクのラメが散る種類ダネ

葉脈がボコボコで照りがあってカッコイイですね~♪

DSC_0088

 

 

 

 

 

 

 

Piper sp.Sumatera Barat

アタシの1番気に入ってる個体ですヨ

西スマトラ州(barat=west)に分布するようで、もっと黒化した写真とか出てますネ

でも自然下でのUVとかの関係でなってるだろうし、屋内栽培では無理かね(´・ω・`)

ま、濃緑色に赤色の葉脈っていう現状でもキレイで堪らないんですケドw

 

 

とまあ、こんな感じですネ

育てんのは楽だし、sp.毎に違った良さがあるし良い植物ですね~

まあ…今は花苗でも種から育ててる位に金欠なんデスが;

DSC_0062

 

 

 

 

 

 

因みに左から金盞花→葉牡丹(赤)→葉牡丹(白)→ビオラ

最近は増えてきたケド、冬~春咲きは種類が少なくて困るわ…他はスイートピーとかネモフィラとか?

後はこっからポットに移植して、花壇を整備したら定植しないとねぇ…貧乏暇なしとはよく言ったもんダネ;

 

といった所で今回は終わっとこうと思いますよ

でわでわ~ノシ

 

 

2018年5月12日 土曜日 植物について(主に熱帯植物)

緑の日が彼方に過ぎてから植物の話をし出す無能

そんな感じでこんちわですノ

いやね、この間の連休中(アタシは無休ですが)にサトイモ科植物に異変があったのよね

 DSC_2333

 

 

 

 

 

えーと、前にも載せたサトイモ科sp…タイのコロンヤイ産ですヨ

初期の葉がこんな感じ↓

DSC_2334

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳の無い葉っぱで小さかったのが…

 DSC_2075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に出た葉はAn.ハスティフォリアみたく耳が出て大型になり…

DSC_2350

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2348

 

 

 

 

 

 

 

今度はモミジ葉みたいに突起が増え、葉柄にはトゲトゲが…

DSC_2349

 

 

 

 

 

 

 

と思ったら葉裏の葉脈部分にもトゲトゲ…だと;

 

えー…なんでこんな攻撃的になったんスかね^^;

アレですか、トゲトゲの実でも食べたんデスか?

いやまてよ「その変身をあと2回もオレは残している」とか言い出すフリ○ザ様なんデスか??

なるほど、ならば今は角が4本に見えるから第三形態…

そうなると、この後はシンプルな丸葉に戻って最終形態…

更にはマッチョ→死亡→ゴールデン…と変化するというのか??

 

……

…すいません、おふざけが過ぎましたネ(- -;

まあ、真面目な話をすると…この間お店に行って来たら似たようなのを見ましたネ

アヌビアスの水上大型株…カメルーンワイルドものの葉柄にも棘が出てましたヨ(ギレッティ&ハスティフォリア)

お店の人に聞いてみたら、普通にお店で在庫してる大きさだと棘は出ないみたいですワ

その後調べてみた所、アヌビアスハスティフォリアなんかの水上・大型個体に棘が出る事はあるみたいですネ

ま…結局なんで出てんのかは不明なんスけどね(´・ω・`)

 

んー、ナスやカラタチみたいな棘なら防御用で確定ですケド、どー見てもキュウリの棘よりしょぼいのな;

集水の為ってのもないし、上向きの鉤爪状だから土からの抜け防止??

…でもなぁ、ポロロッカだかケララッパの出る川に住んでんじゃないし、必要ないか(- -;

(因みに、先述のアヌビアスは下向きに棘が出るヨ)

とか考えてみると、やっぱし植物は不思議で面白いよねー♪

ぶっちゃけた話…増殖させたの売れるんだったらイチゴよりコッチを育てたい(笑)

ま、商売ってなると、んな簡単にいくわきゃないんですケドね

 

 

さてと…まだまだ紹介したい植物があるんスけど、今回はこの辺で止めときますわ

いやさ、注文してたGWに行けなかったイベントの薄い本(健全な方)も引き取ったし、鯨○川先生の新刊も買ってきたコトだし読み込みたいのサ

そんな訳なんで、ペリオニアspとか出したかったケドこれで終わっときます

でわでわ~ノシ

 

最近投稿された記事

カテゴリー

月間アーカイブ

外観画像

〒479-0802
愛知県常滑市西阿野字天気354

アクセス方法はこちら

TEL:0569-47-6622

営業時間:9:00~16:00

※苺狩りは予約制となっています。

※WEBでのご予約の方はお一人様につき100円引させていただきます。

  • あかりブログ
  • 常滑市の紹介
  • 朱里いちご園の紹介
  • 予約カレンダー