2015年12月31日 木曜日 お知らせ, 雑談?とか

年末年始の特番なんていらねえよ、冬

どーもです

タイトルは古いドラマからですネ^^;(10年以上昔なのか…)

いやー、皆さんが休みの日が最も忙しい仕事環境ってサイコーですよネー

……

………OTZ

 

あー、年末年始も営業してますので、お暇な方は来てくださいネ m( )m

さてと、なんかこの間TVを見てたら、エセおたくとか言う言葉が目に入ったのデスが…^^;

はて…?なんのメリットがあるのかねぇ…?

そもそもの区切りが微妙だとは思いますケド…

熱帯魚だってそうですよね~、一般人とアクアリストとかネ

アタシはMastacemberusとかSynodontis、Distichodusなんかを蒐集するトコまで行ってますケドも…

別に、ネオンテトラとかカージナルとかアフリカンランプアイしか飼ってなくても、年単位でキープ出来ているのなら、立派な飼育者(アクアリスト)ですしネ

逆に、情報一辺倒でロクに飼育の出来ないヒトなんかは?な感じなんスよねぇ…

てか、アタシ自身もどうなのか?ですしねー ^^;

ま、オタクなのは自身ありますケドも (- - )b

漫画って言っても色々分かれるんスけどネ

週刊少年○○の有名ドコなんかは誰でも読みそうですよね~

ジャンプなら(○ne piece とか、Narut○ とか、B1eachみたいな…挙げるとキリがないよネ)

サンデーだと(K○NANに、大`夜叉、シルバーなスプーンとかもありますよね~、いや、まあ、駄菓子菓子とかも好きですヨ)

マガジンは(昔はヤンキーものが多かった気がするんスけど、最近は違いますよね…赤松先生の作品とか絶望先生とかダネ)

女の子だと花ゆめ(フルハ“なんか10年以上前にアニメ化されてますしネ)とかマーガレット(マリ見てとか声優陣が豪華でもう…;;)

あー、ここから他の雑誌になるとコア度が上がるような…^^;

チャンピオンは独特の画風が多い気もしますし(セイントな星矢とか、拳闘士なバキとか)

角川は雑誌数もラノベも多いし、人気作多いんスよね…いちいち作品挙げる必要もないでしょ?

んで、きららとかぱれっと、芳文社とかは同人とかアンソロ読んでてファンになった人がやたら多い気が^^;

玉岡さんとか、ざらさんとか、湖西さんとか、ととさんとか、etc、etc…あー、挙げきれないっスねコレは;

ま、作家さんの名前で代表作が出たり、その人の属性が判るって人はオタクと言ってもいいのカナ?

他にも、作品の読み込み度とかもあるんスかねぇ…

有名ドコでワンピ○スとかだと、○巻はココからココまでって説明可能だとか、1つのストーリー毎に一味全員の決め技言えるとかカナ?

ん~…どこまでを同類とするか、難しいスね;;

年を越しそうなんで、ココまでにしておいて…

たまにはおススめの漫画でも紹介しましょうかネ

「あくあわーく」 とか

アクアワーク

 

大塚志郎さんの作品ですね~♪

絵はカワイイですけど、内容はオタ要素が殆ど無いので、一般の方にも読みやすいかと思いますよ~

アタシの他の趣味とリンクする題材ですが、まあ、水族館のスタッフサイドからの目線で描かれている漫画ですネ

と言っても、従業員の女の子たちの中には、水族館で働くには明らかに不利となる弱点を持っているコがいるのが面白いですヨ

カナヅチだとか、魚が寄り付かないとか、そもそも魚怖いとか…^^;

ま、ネタバレにならない様に…極力お話しにはふれられませんケド;;

コレ見た後で水族館に行くと、なんか視点が変わりますね~

水槽内だけじゃなくて、外観・通路、手書きのPOP、隅から隅まで観察してしまいます♪

てか、水族館も大変なお仕事だと思いますヨ

魚の飼育は勿論のコト、お客さんにどう来てもらうか、何をすれば楽しいのか?リピーターを増やすには?

サンゴ礁を再現して熱帯魚を泳がせるか、深海魚やウオーキングシャークの様な珍種を揃えるのか…淡水魚を充実させるのか…

水族館のスタッフさんの苦労を考えると、1つの水槽・1つのオブジェでも素通りは出来ないんスよね~^^;

て、まあ、アタシは水族館に行くとこんな写真を何枚も撮ってくるのですがネw

アクアトト 岐阜清流域14 アクリル水槽

 

 

 

 

 

 

 

いやー、分厚いのにいい磨きしてますね~♪

この透明度、しっかりした面取り!カンナ掛け!研磨!

こんな加工が出来るようになりたいですよね~!

 

 

あ、大変キモイ…ですか…すいませんですm( )m

IMG_0736

 

 

 

 

 

 

 

では、こちらの写真でも…

この長さで反りが殆ど無いなんて!?

流石は分厚いキャスト板(アクリル)だネ!

後ろの擬岩(FRPカナ?)もイイ塗装ですよね~

タイドプール(文字通り、潮だまりダネ)っぽい雰囲気が出てますね!

ウチの周りのタイドプールは黒くてゴツゴツの溶岩石チックですがネ^^;

 

 

 

え、ちっとは反省しろ…はい……つい出来心で…

えーと…では、これを

碧南水族館 大水槽1

 

 

 

 

 

 

 

暑さ120mmのアクリル板ですヨ!

よく見ると、断面に2本の線が見えますネ

てことは、t=40mmのアクリル板を3枚重ねにしているってコトですね~

いやー、なんてキレイな重合接着でしょうか!

流石はプロの仕事!そりゃあ、200tの水圧にも耐えるでしょうよ ^^b

日本で重合接着された分厚いアクリル板の水槽は海外でも評価が高いのですヨ!

世界に誇る技術の賜物を見れるってイイですよね~♪

あ、色んな水族館にこの切れ端の展示があると思いますケド…水槽作るときには絶対に端材が出るんで、その有効活用でしょうね^^;

 

 

 

ん、いや…今回の写真は日本の技術力に関するハナシでして…別にキモイ嗜好では…はい……

…これで許して下さいm( )m

 

 アクアトト 岐阜清流域7 カワウソ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいカワウソちゃんですヨ

アクアトトの最上階からの1枚ですネ

いつもは、のぺーっと寝てるか泳いでるんスけど、なんかコッチ見てたんで撮りました^^;

あ、アクアな漫画ってーと、アクアリストの方には「アクアな猫の躾けかた」のがお馴染みデスヨネー

学術的な面からの話題とか、アクアリストあるあるとか、流石はアクアライフに連載してる漫画だなーって思うんスけど…

作者さんのHP見てみると…あ、がっつり同類!てか、東方とかどストライク!

いやー、ととさんとかも東方の同人で見かけてファンになってますし、やはり素晴らしいゲームですよね~

っと、そうではなく…

上記のアクアな猫の躾けかたで、アクアライフの2016年1月号にて掲載されている、アクア関係のイベントについてなんスけど…

地方だとあんまりイベントが無いんで残念ですよね~;;

大体が東京か大阪…行ってるヒマ無いヨ;;

レプタイル(爬虫類)ショーは名古屋であるのにねぇ、なぜでしょ?

まあ、ここら辺でも各店舗が連携したりしてイベントが開かれてますケド…もっと規模拡大をして欲しいな~♪

いえ、水中の生体を扱うんスから、大変なのは解るんデスが…もう一声 ^^;

そんな期待を込めて、皆さんが来年も良い年で有りますように (―人―)

そして、アタシは来年こそ休日をつくれますように…つくれますように!

 

てなトコで、来年も良いお年を~です~ ノシ

 

 

 

休み? (ヾノ・ω・`)ムリムリ

 

 

 

 

 

2015年12月26日 土曜日 お知らせ, 雑談?とか

あ、知多半島道路って半田ジャンクションから名前変わるんだ!?  ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

いやー、今日初めて知りましたヨ ^^;

まあ…お客さんからご指摘頂いたのですがネ

てわけで、HPの地図んとこを書き直しておきましたヨ ^^b

いやはや、地元民だとテキトーになっていかんですね;

アタシが気づいてない間違いもあるかと思いますので(熱帯魚とかも含む)、何かありましたら、メールでも電話でもいいんで、ご指摘くださいネ [壁|_-)チラッ

 

さてと、もう年末デスヨネー

お正月の福袋とか無縁の生活はツライですヨー

仕事帰りの時間には店閉まってるしなぁ 。。。。(( T_T)トボトボ

まあ、熱帯魚屋には顔出しますけどネb

そう言えば…こんなカレンダー貰いましたヨ

カレンダー

 

 

 

 

 

 

 

 

jOFa(日本観賞魚振興事業協同組合)の頒布してるカレンダーみたいですね~

観賞魚飼育管理士の資格認定してるトコなんスけど、なぜか受験資格が経験のある業界人に限られるのがねぇ…;

んで、中を見ると…

このページは…スネークヘッド最高峰クラスのアンフィがいるし、飼育難度の高さで有名なアルタムに、発色抜群なパイクシクリッドのゼブリナか…

レア種のごちゃ混ぜカナ? と思いきや、ん?牛柄のタティア?値段はともかく、流通は安定してる気が… ま、いいか、些末なコトですよね^^;

次はディスカス…お次のテトラには、最近は安定してきたエスペイかー

ん、いや、プシュードムギル(レインボーフィッシュ)にグーラミィ(アナバス)?あー、ごちゃ混ぜだネ

ディスティコダス トゥジェルシー

 

それならば、ディスティコダス・トゥジェルシーとか(アフリカンカラシンの仲間ダヨ)

 

 

 

 

 

 

レインボーコンゴテトラ2

 

レインボーコンゴテトラは載せなくていいのカナ?(この前書いたヘミグラモペテルシウス・ニグリピンニスだヨ)

ん、あぁ、ヘミグラモペテルシウス・ヒルゲンドルフィーじゃないのかって?

 

 

その学名がレインボーコンゴテトラとしては正しいのだろうけど、シノニム(異名)で入荷してたからさー、そっちの名前で呼びたくなるじゃあないのサ

まあ、背びれが黒くなるかどうかの違い(niguri=黒 pinnis=ヒレ)だからシノニム扱いだけどさぁ、細かな個体差を楽しむのがアクアリストでしょ^^b

てか、ニホンメダカだって見た目変わんないのに2種類に分かれたし、何時かひっくり返るカモですよね~

 

さてと、 ほう、次は古代魚のページっスねー…いやいや、ゼブラキャットいるゾ;

あ、アレか…魚病薬に弱い繋がりダネ!

えーと、そんで…ショーベタかー、ストローイとかグリーンダンサーみたいなワイルドものが好きなあたしにはそんな改良品種…

(  Д ) ゚ ゚ プラチナブラックドラゴンめちゃカッコいい!

次は…ハゼやフグなんかの汽水魚か、パーチは…アーチャーフィッシュはどうしたんスか!?

まあ、次の改良メダカは旬を抑えてるなーと思いますケド、鉄仮面に黒揚羽に…etc

今度はコイ科のページか…小型美魚もいいケド

ラベオ・コウビエ 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなアフリカンラベオ(ラベオ・コウビエ)はいかがっスかね?

あ、地味なのはおよびでない…スか

次の日淡ページはタナゴの仲間ばっかなのにー

ウワーン つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

しかも、次のナマズのトコは南米産ばっかカヨー

まあ、ウルスカ(トリム系)もブルーアイ(パナクエ系)みたいなプレコだって、コリだって好きですケド…

シノドンとかスキルベ(アフリカのナマズ)とか、プレクトロキルス・エリスルルス(吸血種)とかも載せてあげてよ!

マイナー種を馬鹿にしやがってー ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’

 

はあ、はぁ…よし、次いこう次

グッピーは定番種が未だ強いかー(ブルーグラスとかね~)

てか、水族館に行くと…魚見るとグッピー?とか言う人いるよネ ^^;

蛇を見たら、コブラでもサイドワインダーでも、サンゴヘビでもマムシ?って言うのかねぇ;

てか、グッピーに似てる魚ってあんまいないと思うんスけど…(ひいき目に見て、ベタ・スプレンデンスか…卵胎生メダカか…テトラオドン・ムブ?)

えー…今度は、シクリッド…って、ほぼほぼ南米産かい (ノ`Д´)ノ彡┻━┻

アフリカンはペルヴィカだけかヨー ;;

ネオランプロローグス ブリチャージ

 

 

 

 

 

 

 

 

ネオランプロローグス・ブリチャージとかキレイだと思うんスけどねぇ^^;

写真ヘタでスマヌ;;

最後は甲殻類(エビ・カニ)でしたねv(^^)v

ビーもヌマエビも改良されてますよね~、チョコレートとかターコイズ、ブラックダイアモンドゴールデンアイなんか衝撃的でしたもんねー(多分伝わってないでしょうね^^;)

って感じのカレンダーです(どんなダヨ;)

お店に飾ってるんで、見たければ言ってくださいネb

いやー、しかし…個人的にはヘミシノドンティスとかゴールデンコンゴとかが見たかったナー

ちなみに、アタシの店にいる魚でやたらと子供に人気あるのは…

ギムノソラックス・ポリウラノドン…ま、平たく言うと淡水ヤマウツボですネ^^;

なかなか写真に写ってくれない困ったちゃんなんですが、乾燥エビからひかりカーニバルまでよく食べるんで、飼育はラクですね~♪

PH6以下の弱酸性にも耐えるケド、学名は海産ウツボにも多いギムノソラックス属…面白いネ

そー言えば、ウツボって幾つか属レベルで分類されてるんスけど、よく見ると鰭とか顔の骨格が全然違うんスよね~

てか、属名の1つにエキドナとかあるし…ギリシャ神話の化け物じゃないスか^^;(美闘士とかケルタンくんとか浮かんだ人は同類ですネb)

飼育も飛び出しに気を付ければラクな方ですし、ま、毛嫌いしてないで飼ってみると面白いカモですよ~(ここら辺だと、海産ウツボはリミッ○スのインター店に多いネ 淡水ウツボはみなと店のが入れてる感じ…カナ)

さて、来年は申年かー

飼育できる観賞魚に猿っぽいのはいないですかねぇ…

バナナプラントか、バナナフィッシュ(プリンセスモノクローム)か、バナナみたいなウツボか(ゴールデンソリッドモレイ)…いや、猿猴蟹という手も…

いやー、微妙…何か他にないですかね?

おススメがいたら教えて下さいネ!店の水槽に入れますので^^b

あ、ウチのお店は大晦日だろうと正月だろーと営業してますので…orz

暇なときにでも、是非いらして下さいね~ ^^ノシ

 

 

2015年12月23日 水曜日 いちごについて, お知らせ

クリスマス?なにそれ喰えんの?

どーも、アタシは雨が降っても雪が降っても!世間がクリスマスでも!

モニターの前でネトゲの世界を奔走する人の味方ですヨ♪

てなワケで(どんなワケだ;)、早いもので、もうクリスマスですネ

さて、サンタのソリが飛んでくるならいいのですが、最近、やけにヘリがアタシの上を飛んで行くのデスが…

この前なんか10分くらいで3、4機が飛んでたんですが、何かの訓練ですかねぇ?

そんなコト思ってたら、今日は小型機が至近距離で並走?してたんで、写真撮ってみましたヨ

 

航空機 2機

 

 

 

 

 

 

 

 これでも、やや離れたトコですネ…もっと寄ってたからなぁ^^;

航空法とかで大丈夫なんスかね、こういうの…マジで

ま、ぶつかって墜ちても住宅地じゃないからいいかーってコトなんスかね?いやいや、ドコでも迷惑でしょうからねぇ^^;

やたらと、農地の扱いがぞんざいな気がする今日この頃デス…;;

 

ってトコで愚痴は終了してですネ!

 

イチゴって、この時期にどうやったら実が生るの?って質問があったので、紹介しときますヨ

秋から冬にかけて、イチゴの苗が色んなトコで売っているのは目にしたコトがあると思うのですが…

プランターに植えても花が咲かないトカ、実が生らないってコトが多いと思います^^;

苗が悪いのか……… さにあらず、それが普通なんですよネ

去年も書いたカモですが、イチゴってーのは元々が観賞用、端からぼろぼろと実が出るような植物ではナイのですヨ

ツルを伸ばして増殖できる(クローンが作れる)彼らからしたら、別に無理して実をつける必要は無いワケで;

実を生らす(生殖成長)為には、ツルを伸ばしてクローンを作る(栄養成長)状態から分化させないとダメなんスよね~

身近な花で言うと、サクラの開花条件が近いですね、いわゆる春化作用(バーナリゼーション)って奴ですネ

今年は11月だか12月に開花したトコもあったみたいですが、その原因がコレですヨ

一回寒に当たる必要があるって言い方のが分かりやすいですかね?

その春化作用に必要なのは、低温・短日・低窒素の3つですヨ

って言っても、アタシが人為的にするのは窒素を抑えるくらいですケドねー ^^;

低温は、夜温が15℃も切れば十分ですし、短日は9月も過ぎれば日が短くなりますしねぇ…

上手く肥培管理すれば、花芽分化は9月中旬には仕上がりますヨ

まあ、アタシの所属する知多半島のイチゴ部会では、植え付け前に合同の研修会があるんスけど…

なんか分化がバラけてる農家さんがけっこういるんですよね;…なんででしょ?

章姫じゃなくて、とよのかとか、さちのかは管理が面倒って聞きますケドねぇ;

あー、んでは、なんで一般家庭では実が生るトコまでいかないのでしょーか?

答えは…

花芽分化した後の温度不足+栄養不足ってトコでしょうね;

サクラを見れば分かる通り、サクラって、冬の寒に当たっても春までは咲かないでしょ?

そりゃあ、温度が上がらないと花を咲かせるだけの元気は出ないものネ

イチゴだって同じコト、世知辛い日本の冬なんかに、お外に放り出されたイチゴに実を付ける余裕は無いですヨ

なんとか生きるのに精一杯なんデスよー m(((° Д °)))m寒いぞゴルア

なんで、秋口に寒い日が来たら、その後で屋内に退避させて、緩効性肥料を与えるとか(マグ○ァンプとかIB○成とかダネ)すると多少はいいかもですネ(保証はできないですケド^^;)

あ、地植えが出来れば、黒マルチで畝を覆ってイチゴを植え付け、その上から透明なマルチをドーム状にかぶせて保温するって手もありますネ

いや、まあ、結局はビニルハウスが一番ラクってトコに行き着くのですがネ^^;

んな、メンドクサイのはお断りって方は、是非ともアタシのトコにでも来てください^^b

 DSC_0753

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな状態で生ってますので、お待ちしておりますよ~

あー、それと、イチゴ狩り予約の際にお土産の注文してくれるのはいいのですが……

大きさの指定が無い方が結構いるので、書いて下さいね~(まあ、来たこと無い人だとサイズが分からないと思うんで…指定の無い場合は、勝手に大とかで用意しますケド)

*個数が確定していないモノは注文として受けられませんので、ご注意下さいm( )m

 

 

2015年12月19日 土曜日 お知らせ, 雑談?とか

去年頂いたお花が咲いてきました~♪

こんにちわ~です

寒い中、お越しいただいたお客様には感謝感激です m( )m

さて、昔から開業の際にはお花を贈るのが慣習の国…なんですかね?

ま、アタシのトコも去年いくつかお花とか頂きまして、1年経ってまた咲いてきましたヨって報告です^^;

寄せ植え 1年経過

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、咲いてるのは右端のシクラメンだけですケドね^^;

この寄せ植え、アタシの保育園時代にお世話になった恩師から頂いたモノなんスけど…

貰った年の春の写真が、たしかこの辺に…

葉ボタン 開花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………^^;

あー、春すぎたカナ…葉ボタンが菜の花みたくなってるネ;

コニファー2種を軸に、パンジー、ビオラ、シクラメンが花要員で、葉ボタン、アイビー、初雪カズラが葉モノって構成でしたかね~

ちなみに、葉ボタンは最終的にこうなりますヨ

葉ボタン 種4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん~、アブラナ科っぽいネ…

花の咲いてたトコは、エンドウマメみたいな種も付いてるんスよね~

最初の写真は、一年草を取り除いてから植えなおしたモノなんスけど、シクラメンは今年も咲いてくれて良かったですわ^^;

 ただですね…2つ頂いたのですが、1つはコガネムシに根っこをボロボロにされまして;;

空っぽのテラコッタ鉢が勿体ないんで、自分で植え付けたのがコチラですが

寄せ植え 自作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コニファーをあわゆきエリカに替えて、葉色のキレイなカルーナを使ってみましたヨ

 んー…ショボイかな…やっぱり、小低木を軸にした方がいいのカナ?

 ま、水草レイアウトよりは制限なくてやりやすいんで、今度他にも作りますかね^^;

さてと、貰い物で調子いいのはこの2つですかねぇ

ツピダントゥス カリプトラトゥス

シンビジューム そばにいるね 出蕾1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、左はツピダントゥス カリプトラトゥスですネ

葉っぱが5~8枚くらい展開する小低木でして、枝を切ると脇芽が出てくるので、高さは調整しやすいですヨ

ちなみに、この陶器鉢…この状態で売ってたんでしょうケド…

ちょこちょこ行ってるセラモールに売ってました ^^;

 

んで、右のこのコはよく見かけますよね~

シンビジューム(品種:マリアージュ そばにいるね)ですネ

根詰まりして花は来ないかと思ってたんスけど、なんとか出蕾してくれましたヨ ^^b

ま、来年は植え替えカナ?流石に狭いと思いますし…

んで、お店のは、この伸びた花茎を棒に誘引するんですケド…なんかカワイソウなんで、アタシは放置ですかね~

冬場は室内管理(あったかい時には日光浴させる)、春からは屋外でテキトーに管理で問題なかったんで、結構丈夫ですよね^^;

 

んー、まあ、イチゴも生かしておくだけならテキトーでもいいワケですが…(ハーブとして売ってるワイルドストロベリーとかだネ)

イチゴを地植えにして放置すると…異常に葉っぱが出て、実なんかビー玉以下のしか付かないですからねぇ…

あ、今のウチのイチゴはこんな感じですネ

イチゴの様子1

イチゴの様子2

 

 

 

 

 

 

 

 

この位は常時キープできてますヨ ^^b

味も去年と遜色ない甘さですので、どうぞお越しくださいね~^^ノシ

 

 

 

2015年12月14日 月曜日 お知らせ, 雑談?とか

本日より、今シーズンの営業開始です~

と言うワケで、イチゴ狩りと直売のスタートです~♪

今シーズンも宜しくお願いしますm( )m

まあ、今の時期は殆どお客さん来ないんですケドね^^;

えーと…まあ、これからですヨ;;

 

さてと、なんかテキトーにTV見てたらですね…

「おさかなポスト」が紹介されてたんで、びっくりですヨ!

一般種しか写ってなかったのに、TVのヒトが珍しいサカナが~って発言してたのにもびっくりだヨ!!

シノドンティス・グラニュローサスとか、ブルーアイプレコ、ピライーバ、ピンギ、グリーンウッドクロミス・クリスティ…etc…etcならともかく

んなヒトにはアレストペテルシウス・ブリシャルディやヘミグラモプテルス・ニグリピンニスはフェナコグラムス・インテルプトゥス(コンゴテトラ)と同じに見えるんでしょうネ(笑)

分かりづらいカナ?

前者は松阪牛(国産牛のロケ付き)、後者は外国産牛肉(ファーム名無しのごちゃ混ぜ)って感じですヨ

だいぶ、差があるってのは伝わったカナ?

 

さてと…んで、非アクアリストの方って、「おさかなポスト」ってご存じですかネ?

ま、多摩川の方にあるんであんま有名じゃないですよね~^^;

TVでも紹介されてた様に、多摩川の環境保護・整備をする組織ですが…

特徴的なのは、飼育を放棄された観賞魚の引き取りをされているトコロですネ

あ、アタシは「飼いきれなくなった」とか「飼育できなくなった」みたいな言い方は嫌いなんで、よりキツイ表現にしてますヨ(- -#)

てか、動物を飼育するんなら、その生体についてきっちりと知識を有するトコロからでしょうに…

通常の飼育ではキツイ魚ってーと…

アリゲーターガー に

 

 

 

 

 

 

 

 

コイツとか、矢作川で捕獲されたそうで…カワイソウに;;

アリゲーターガー は

 

 

 

 

 

 

 

 

体長2mクラスになる(水槽下でも1m超えますネ)アリゲーターガーとかは有名ですよね、いや、ガーの方が迷惑してんスけどねぇ

ピラニア(一般的にイメージされるのはピラニア・ナッテリーですかね)も面倒なんスよね~

ピラニア・ピラヤとかセラサルムス・ロンベウス(ブラックピラニア)ほどの巨大化はしないですケド…20cmにはなるし、餌の金魚はバラバラにしてくれるし、歯なんかはまるっきりカミソリの切れ味だし…

レッドテールキャットやゼブラキャットみたいな大型ナマズは混泳が難しいのがねぇ…ま、飼う前に判るレベルですケド ^^;

ここら辺は、なまじ強健種だから☆にならないのも飼育放棄するおバカが多い原因ですかネ

あ、熱帯魚だから日本の川で生きていけないんじゃないかって思いますか?

生活排水とか工業排水が混じる川って、排水口付近は冬でも水温20℃はあるんスよ^^;

そんだけあれば、案外と生きられる種は多いモノでして…

アタシのトコも…ロボキロテス・ラビアートゥス(タンガニイカのシクリッド)が20℃くらいの水槽で普通に生きてますしネ!

んで、上に書いた魚は飼いづらいのが予見できるハズの種ですが、他にも捨てられるコトが多いのが…

テトラ(ネオンとかカージナルなんかの南米小型種)とかの入門種ですヨ

まあ、なんとなく買ってみたケド飽きたとか…飼育が面倒とかなんでしょうが…「責任感とか恥ってコトバ知ってます?」って話ですよネ

そもそも、「魚を川に逃がす」って表現もオカシいと思うんスけどねぇ…そういう連中は「魚を川に投棄してる」のが実際なワケで、逃がすって表現で自分が飼育から逃げたのを正当化できるとでも思ってるんスかね…?

あー、そういや…日淡(日本の淡水魚)も川に捨てちゃダメですヨ

見た目が同じでも、遺伝子レベルで調べると地域ごとに固有の個体群があるんスから;

日本メダカだって近年、二種類に分類されたくらいですしねぇ

放流事業も、放流する水系(流域)にいない魚とか、同種だけど遺伝的に別の個体群の魚 なんかを放流する生態系汚染になってるコトもあるワケで;;

もっと、勉強してから行動しろよ…と思う今日この頃ですヨ!

他にも、アタシも釣り好きですケド、ブラックバスを池に入れるのはヤメロっての!

常滑ってーと農業用のため池が多いんですが、そういう池にもバスを入れてるバカがいるワケで(怒)

んなにブラックバスがつりたきゃアメリカにでも行ってやりたまえヨ、実際に海外に釣行してる人はいるゾ!見習え!

あと、キャッチ&リリースって…日本にいないモノを扱ってる自覚あるの?

キミらの娯楽と生態系のどちらが大事かくらい判らないの?

ま、農業用のため池はあんまし在来種いないし、塩素消毒かますのも一案だと思うんスけどねぇ

根本解決のためには、釣り人の倫理観とかアタマの改善が必要なワケで…etc

あ、意図的に釣り堀みたいな人工池を整備するってのはどうカナ!

これなら、誰にも迷惑かからないし、他の水系に移動できなきゃ生態系への影響もなさそうだしネ

よーし、さっそく農水省だか林野庁とか、環境省、各都府県の知事に売り込みn うわ なにをするやめr...

 

 

ふー、さて…少しアツくなってしまったかナ…

あ、一応なんスけど…碧南の海浜水族館とか、アクアトト岐阜(期間限定だったカモ)に行くと、観賞魚の不法投棄についてパネルが展示してありますヨ

ただ、悲しいかな…そういうパネルしっかり見てるヒトって殆どいないんスよね;;

てか、無関心なヒトがそういう問題起こすワケで…はぁ…やるせないネ

あぁ、追加で言うと…別に魚だけの問題じゃなくて、アライグマとかもアタマ悪いニンゲンのせいで迷惑してるよネ

ラ○カルの影響で日本に入ってきたみたいだけど、日本で逃がしたらダメでしょ;

いや、ラ○カル自体がテキトーに育てて逃がしただけだと思うんだが…最後まで責任持てっての…

出来れば、子供のうちにしっかりと環境教育をしてあげて欲しいモノですヨ

年だけとったオトナは自分を見つめ直すってーコトが出来ないからネ

 

さて、最後に…カナダでは日本のクロモが大繁殖して、日本ではカナダモが侵略してきているトカ………

ホテイアオイも金魚藻(アナカリスとか)も南米原産!その辺に捨てないでネ!(^^)ノシ

 

って、アタシはイチゴ屋でした! (- – 😉

そっちもそっちを宜しくお願いします(^^;;)ノシ

2015年12月5日 土曜日 お知らせ, ハウス外での仕事について, 化学に関連する話

研修に行ってきました~

イチゴの生産者でつくる部会が行っている研修会がありましたので、参加してきました~

今回は三河方面での研修でしたので、って言うか…蒲郡の近くなんで竹島の水族館で降ろして欲しかったワケですが^^;

えー、昼食に寄ったのは蒲郡のオレンジパークですネ♪

ロックウール 視察 2015 オレンジパーク1

 

 

 

 

 

 

 

周囲を山に囲まれたトコですが、みかんの木が斜面にあったり、ハウスの中にあったりですね~

ロックウール 視察 2015 オレンジパーク6ココは露地だけじゃなくて、ハウスみかんも有名なんですよね~♪

 

 

 

 

 

まあ、みかんは潮風が当たらないと良くないって話も聞きますし、ココも海からは近いんで、

ご飯は海産物が多かったですねぇ(写真撮り忘れ…ましたOTZ)

 

さて、今回の研修ですが…イチゴの仇敵

「ハダニ」の対策が内容となりますネ

病害虫に弱いイチゴですが、最も手を焼く部類に入るのがダニなのですヨ

まあ、薬剤抵抗性を持ちやすいとか、小さいくせに移動しまくるとか、細かい話は置いときまして…

コイツをCO2でコロコロしちゃいましょう~

って設備が導入されてきましたので、その見学ですネ

 単純に言えば、エアードームみたいなトコロにCO2を注入して高濃度にして、殺虫する…ってカンジですねぇ

ロックウール 視察 2015 圃場4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、見学させて頂いた圃場なんかは、単管パイプの骨組みに気密性の高いシートを被せて、二酸化炭素を入れてるみたいですね~

てか、コレみどぼんのデカイやつじゃん… アクアリストとしては、スゴイ見慣れてるんですが…^^; (30K入りボンベですネ)

 

ん~、CO2による殺虫か…久方ぶりに化学的なオハナシでもしましょうかネ

その前に、この殺虫方法はダニを窒息死させるワケじゃないってトコが特殊なんですが…

コレはダニとかにCO2中毒を起こさせるワケなのですヨ!

あ、薬害とかの心配ですが…使用する液化炭酸ガスはCO2が液体になる温度=-56.6℃(更に、一定の圧力をかける)になっているので、直でイチゴにかかると薬害は出ますネ(枯れるほどじゃあナイですが)

そんで、二酸化炭素ってーと地球温暖化とかで有名ですが、大気中に含まれるのは僅かに0.03%なんスよね~

ま、地球上に偏在している気体ではあるんスけど、CO2の中毒事故なんかも起きているって知ってますか?

八甲田山だかで自衛隊員が中毒死した事故があったと思うんスけど、それの原因と思われるのがCO2ですネ

まあ、火山性ガスが発生してるトコロで窪地に入ったことが原因なんデスが…

CO2やH2Sみたいな危険な火山性ガスは窪地に溜まりやすいってーのは判ると思うんスけどねぇ

あ、理由ですか? 気体の1mol当たりの質量を考えて下さいヨ

大気の組成はN(窒素)が約78%、O(酸素)が約20%、CO2(二酸化炭素)が約0.03%、他イロイロ ですよネ

てことは、1mol当たりのおおよその質量は…

Nの原子量=14 分子量は14×2=28 コレが80%とする

Oの原子量=16 分子量は16×2=32 コレが20%として

28×0.8+32×0.2=28.8 となりますネ

さて、ではCO2は どうでしょうか?

C(炭素)の原子量=12 Oの分子量=32 合わせた質量は44になりますよネ

H2S(硫化水素)だと、H(水素)の分子量=2 S(硫黄)の原子量=32 なんで、34デスね

どっちも大気の質量よりも重いんで、下に移動する性質があるワケですよね~

つまるところ、温泉とかでイオウ臭いって言われるH2Sとかの腐卵臭(実際は硫黄は無色にして無臭ダヨ)がするトコロでは、低地で窪地なんかは危険だってコトですヨ!

 

ん~…では、二酸化炭素中毒についてなんですが…

ちょこちょこと論文を調べてみたんですが、ダニのCO2処理は情報が少ないですネ……^^;

但し、実験データを見てみると、ダニの呼吸量が多い方が死亡率が高くなる傾向にある(活動の鈍くなる蛹状態だと機器が悪いトカ)みたいですネ (*ギ酸エチルくん蒸によるトマトハモグリバエ、マメハモグリバエ、ナミハダニ赤色型及びカンザワハダニの殺虫試験 より)

つまり、CO2で窒息しているのではなく、CO2をたくさん取り込んだ事で死んでいるってコトが推測できるんスよね~

他の論文データの実験だと、温度と処理時間に密接な関係があるコトが言えるワケでして…

LD50(半数致死量)で言いますと、25℃とか低温では10.5時間かかり、30℃だと6.5時間、35℃なら4.9時間だったそうデス

上記のコトから、高温でダニが活発に動くとき(呼吸量が多い)ほど、CO2処理の時間が短くなるってコトが言えますネ

ちなみに、コッチの実験でも、24時間経過した卵(蛹)よりも、48~72時間経過した卵(蛹)の方が(より休眠状態にあるってコト)、致死率が低い+時間がかかると言うデータが出てますヨ!

(*高濃度二酸化炭素くん蒸処理のナミハダニTetranychus urticae Kochに対する防除効果とイチゴ苗に及ぼす影響 より)

てか、アタシが引用した論文書いた人の引用文献も少ないなあ… まだ新しい実験なんかな?

 

さて、二酸化炭素中毒による急性中毒症状ってーと………んー…

血液が酸性に偏った状態…アシドーシスなのカナ?

人間やらほ乳類の実験データからの引用ですが…

高濃度CO2が引き起こす症状は、%によって変わりますが、呼吸数増加や頭痛・めまい、血圧上昇や頻呼吸、嘔吐、肺うっ血、意識喪失、昏倒などですネ

酸素欠乏ではなく、CO2中毒ってのがあるという事を立証するデータですが、イヌを用いた実験で、80%二酸化炭素と20%酸素の混合ガスを吸入させたトコロ、1分で呼吸が停止し、10分で心停止したそうで…

つまり、酸素が大気と同じでも呼吸停止→心停止しているワケですヨ

だから、高濃度のCO2を吸入すると中毒症状が出るって言えるんスよね

コレがダニでも起きてるのかな?

まあ、研修で話を聞いたトコの人は、アルカリがどうとか研究者から聞いたって言ってたんで…?

アレ?逆かなあ?

てことは…CO2を高濃度にして、酸素濃度を減らしているワケだから…

血中の酸素濃度が減るコトで起きる…アルカローシス(血液がアルカリに偏る)なのカナ

ん~、アタシも勉強が足りないんで断定は出来ないんですが…ここら辺か、複合的なモノなのか…

もし、研究所の人と会う機会が有ったら、是非とも聞きたいですよね~

 

さてと、長々とどーでもイイ話でしたよネ^^;

そろそろ営業開始しますんで、よろしくですよ~♪

でわでわ~ノシ

 

 

2015年11月21日 土曜日 いちごについて, お知らせ

来月にはイチゴ狩りシーズン突入ですね♪ あ、イオンの常滑店なんかもOPENか^^;

早くから予約してくれている方がいらっしゃいまして、ありがたいコトですm(  )m

イチゴの実もふくらんで来ておりますので、イイ感じです ^^b

まあ、今年はハチの導入が少々遅れたみたいでして…なんか奇形果がちらほらありますネ;;

たいした数では無いのですが、神経質なアタシにはちょいとアレですね(- -#)

ちなみに、現在はこんなカンジですヨ!

 

DSC_0585(1)(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、一週間と経たないうちに………

DSC_0584(1)(1)

 

 

 

 

 

 

 

 この有様に………なりますネ;

一列だけなんで、なんてことはなさそうですが、ハウス全体がこうなると心がポッキーなのデスよ;;

いや、まあ、なんとかしますがネ

 あー、ついでに植え付け時の写真もあげときましょうかね~

植え付け 苗設置2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葉っぱ3~4枚でキープしておいて、実が付く頃には5~6枚を維持するのですが…

放っとくと9~10枚とかになるんで、小まめに葉をむしる必要があるんスよね あー、メンドい

そういえば、この時期になると園芸屋とかでイチゴの苗なんか売ってますケド

普通に管理してたんじゃ、実なんか期待できないコトのが多いんで、アレですよねぇ

まあ、春になれば望みもありますケド…難しいですよね^^;

一応、アタシに聞いて貰えればアドバイスくらいはしますヨb

と言うコトで、今日はこれにて失礼します~^^ノシ

2015年11月3日 火曜日 お知らせ

今シーズンのイチゴ狩りについてです(予約受付開始日とか)

えー、更新が滞ってましてすみませんです;;

なんとかイチゴの花が実に変わって来ましたので、ご報告しますm( )m

というワケで、ようやく今シーズンのイチゴ狩りを受付しようかと思います

予約の受付開始日ですが、11月7日(予定)から開始したいと考えてますので、よろしくです

ちなみに、昨シーズンはゴタゴタしていたので1月くらいからの営業でしたが…^^;

今シーズンの営業は12月中旬~になるかと思います

 

あー、それと… ↑を見ると判るかと思いますが、時期についてテキトーぼんやりした書き方なんスけど……

ぶっちゃけますと、何時になるとイチゴが色づくかは…アタシも正確には判りません(- -;;)

まあ、そりゃあ大体の推測はできますがネ…

なんせ、天候次第でがっつり変わるんスよねえ;;

例えば、今年は10月にえらい晴れたもんスから、イチゴのランナー(蔓)が出てきて出てきてd………OTZ

腱鞘炎にでもなるんじゃないかって位にランナーを処理するハメになりましたしねぇ…

まあ、なんとか12月上旬~色づくだろうって予測は出来たんで、予約は開始出来そうなんですが;

もう少し早い段階で予測出来るようにしたいと思いますネ

というワケで、今回は業務連絡だけですケド…今度からは溜まっている写真とかでもうpしましょーかね

では、今シーズンもよろしくです~^^ノシ

 

 

2015年10月19日 月曜日 お知らせ

あー……今年もなんとかイチゴは成りそうですネー

えーと…更新の方が出来ずに秋になってしまいました(- -;;)

まあ、決して遊んでいたワケではないのですが…スミマセンです m(_ _)m

 

さてと、気を取り直して…と

そろそろイチゴの花が咲いてきたのでご報告しますネ!

どうやら、今年は悪天候のせいで病害虫が多発しているみたいでして…アタシもお薬とかで忙しいワケですヨ

いや、他のトコは炭疽病が多いらしいんですが、ウチは見てないんスけどね^^;

ウチは何故だか変なコトが多いようでして、病気はうどんこ病or灰色カビ病ばっかりだったり…

害虫もイチゴハナゾウムシ(ここら辺だと、製薬会社の人でも?ってなるレア度)とか、ハイマダラノメイガ(葉物野菜の天敵で…ま、蛾ですヨ)が多いんスよねぇ^^;

元々が山みたいな状態だったからですかね~

そんなこんなで、イチゴの苗を管理しながら、元山を整備の日々ですヨ;;

去年はロクに整備が出来なかったんでアレだったんですが、多少は動きやすくなっているハズです…多分;

あ~、そういえば、お世話になっている知り合いの方なんかと話をさせて頂いてるとですネ

イチゴ屋ってシーズン以外は何してるの?って聞かれるコトが多々あるんスけど

えーと、ざっとこんな感じデスね(- - )b

3月後半~:メリクロン苗(無菌のクローン苗)を苗場に植え付け

4月~5月:本ぽで苺狩りしながら、苗場は遮光材使って温度調節して、苗の葉っぱやらランナー(つる)を毟ったり、イチゴの株を増殖させたりして

6月~:ハウス内が安定してサウナ(日焼けサロン)になる前に、収穫終了した株を処理して、ハウス内を熱消毒する準備しながら、来シーズンのイチゴ苗を育てる

7月~:そろそろ来始める台風にビビりながら、ビニルハウスの修理やらハウス内の清掃しながら、苗を大増殖させる準備(ポリポットに土を詰めて並べたり)

8月~:ハウスを「汚物は消毒だー!!」ばりに熱消毒しながら、苗場では苗を増やしたり、間引いたりして

9月~:例年、炭疽病が多発する時期を葉っぱ毟って凌いだら、ようやく本ぽに植え付けが可能になり

9月後半:寒に当たるコトで病害虫が…出やすく…orz

10月~:なんとかイチゴが復調したら、圃場整備(階段とか花壇造ったり、トイレ整備したり)の最中ですヨ

 

あ、そろそろミツバチを発注して受粉させないとーって時期ですねぇ^^;

なんとか12月までにイチゴの実が成るとは思うんスけど…生き物なんで予測は困難なんですよネ

一応、11月中にはイチゴ狩りの予約を開始したいと思うのですが…

はて、どうなるコトやら…

ま、出来うる限りの努力は致しますので、今シーズンも宜しくお願いしますm(    )m

 

2015年6月18日 木曜日 お知らせ, 雑談?とか

遅くなりましたが、今年はありがとうございました♪

えーと…年をまたいで営業してるので、本年度は~ って言いづらいのですがf(^^;

とりあえず、今年の営業は無事に終了することが出来ました。

これも皆様のご協力のお陰でございますので、厚く御礼申し上げます。

来年?(今年の12月)もよろしくお願いいたします‼

 

 

って、テンプレな締めくくりをしましたケド…

この時期にイチゴ屋のブログ読む奇特なヒトなんかいるんスかね?

そんな変人の為に、ちょこちょこ更新はするつもりですヨ!

あ、SEO対策とかじゃないんで、イチゴのコトなんかあんま話さないと思います(笑)

てな訳で、今後ともよろしくお願いしますね~m( _ _ )m

あ、ついでなんスけど、アタシらみたいなイチゴ屋は3月から来作の苗作りがお仕事になりますヨ^^b

営業時期と被っているんで休みが無いんスよねぇ^^;

って中で、いい加減に我慢の限界だったんで…

昨日の仕事終わりに釣りに行ってきましたw

釣果ですが…

サビキカゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

あ…サビキカゴ…ですネ^^;

まあ、こんなモノが釣れる時もあるか…

こういうのって環境汚染になるかと思ってたんスけど、がっつりとイガイが住み着いてますネ!

まあ、軍艦やら帆船の沈没船がライブロックまみれになって魚の住処になってるくらいですしねぇ^^;

沈没船ってーと、サルガッソー(海域)が有名ですかね?

もっと有名なバミューダトライアングルは航空機も行方不明になってるんで、オカルトの匂いがしますよネ…

説明の必要も無いカナ?

んで、サルガッソーって海域についてですが…

大西洋の北側にある、4つの海流に周りを囲まれた海域の呼称なんスけど…

海中に海藻(Sargassum=ホンダワラの一種)が繁茂しているので、コイツらが船底にひっかかるトカ

凪の海(風が吹かない)だから帆船が進まないトカ言われていますネ

ま、実際のトコは誇張された話が広がったみたいですケドね~^^;

風が吹きづらいのも藻が大量に流れ着くのも本当なんスけどねぇ

サルガッスムは浮遊性の海藻なんで、んなに舵に絡まって動けなくなる程じゃないそうでして…

さらに、風が吹きづらくても完全な無風が続くワケじゃないんで、いづれは脱出可能なんだそうですね^^;

上記2点のコトから、航海上で避けて通りたい海域ではあったみたいなんスけど、伝聞みたく恐ろしい場所ではないそうですネ

てか、アメリカおよびヨーロツパウナギの産卵場所ですし、透明度No1(水深60m以上も肉眼で見えるそうな…)のキレイな場所なんスよねぇ

まあ、アタシが行った武豊緑地の海水は見事に褐色だったんですが(笑)

んで、こんなの釣れましたヨ

ホウボウ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと…ホウボウですよね、キミ?

なんでこんなトコに…篠島とかで釣れるとは聞いてたんスけどネ

あ、それと、ホウボウってめっちゃ鳴きますヨ^^b

ギーだかゲーだか変な鳴き声上げるんで、雑魚なのに目立ちます(笑)

あとは…

コチ2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなのトカ?(釣り上げたのを飼育中)

コチの仲間なのは間違いないんスけど、現地の水は濁ってたし、水槽に入れたら即座に潜るんで、判別が…;;

あ、上に写り込んでるデカイのは同じく釣り上げたメジナ(グレ)ですヨ

てーか、ハゼが上がってるって聞いたんですケド…

アカオビシマハゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや、ハゼなんだケド…サ

アカオビシマハゼ…なのカ?

尻鰭に赤いラインが2本あるし…多分…

まあ、でも、マハゼじゃなきゃ食べられないしなぁ^^;(んで、飼育中)

他にも小さいメバルが2匹上がりましたケド

メバル1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さっ!!今年の新仔とかなんスかねぇ

まあ、即リリースですよねぇ、資源がモッタイナイですし^^;

あとはマハゼが1匹って感じでしたねえ、今回は;

ショボイ釣果でしたケド、ボウズじゃなくて良かったですかね~

 

あ、ついでに装備を言うとですが、気紛れに釣行したんで、道具は安物ですw

近くのイシ○ロにあった竿とリール合わせて¥3000弱っていうショボイ竿ですネb

んで、10号錘のライトショットシンカー(錘の引っ付いたラムダ天秤)にキス用の仕掛けを付けるだけですヨ

簡単に言えばちょい投げ仕掛けですね~

投点はせいぜい10m程度ってトコだと思うんですケド、今回当たりがあったのは岸壁から半径5m以内ばっかりなんで、十分でしたね^^b

久々に武豊緑地に行きましたケド、転落防止の柵も大きいですし、トイレ有りますし、案外と根掛りも少ないんで、家族で行くにも良さそうですよね~♪(デカイ東風の風なんか吹くと無理そうですケド;)

大野漁港周辺とか常滑港は、足場がいいケド結構大きなシモリ(根)があるからなぁ(- -;)

あ、そう言えば、1月に新舞子マリンパークも釣り場が整備されたみたいだし、今度行ってみようかネ!

投げ釣り好きのアタシとしては、キスとハゼが接岸して来る今からが釣りの本番ですヨ

まあ、本来の仕事が優先ですんで…去年は1回も行けなかったんスよネ…orz

…今年は頑張って時間作りますとも、ええ!

んでは、失礼しますよ~ノシ

最近投稿された記事

カテゴリー

月間アーカイブ

外観画像

〒479-0802
愛知県常滑市西阿野字天気354

アクセス方法はこちら

TEL:0569-47-6622

営業時間:9:00~16:00

※苺狩りは予約制となっています。

※WEBでのご予約の方はお一人様につき100円引させていただきます。

  • あかりブログ
  • 常滑市の紹介
  • 朱里いちご園の紹介
  • 予約カレンダー