2021年4月2日 金曜日 お知らせ, 熱帯魚とか

Xenophallus umbratilis は良い…EUCBだから供給が保証されない事を除いては

ま、Xenophallusと言っても通じない人のが多いだろうケドな(笑)

端的に言えば中米の卵胎生魚、話すと長いから詳しくは後で語るとしようかね

 

しっかし、暑くなるとイチゴの世話が忙しくて大変ダヨ

感染症の影響だろうケド、やっぱし例年よりお客サンも少ないし

おかげで収穫作業と過熟になったイチゴの処分に時間がとられるという悪循環…なんとか最近はマシになって来たケドさ

と言いたかったが、まーた感染者が増えて第4波とか言ってるし…少なからず影響は出るだろうねぇ

ま、今年までの辛抱と思ってやるしかないやね^^;

因みに現在はこんな感じ↓

玉数は落ち着いてきたものの、大きさはそれなりを維持してるかね

暑くなると病気と虫が心配なんだけど、今んとこ落ち着いてる模様

(今年なんか殆ど農薬散布してなかったんだけどな;)

そういう感じで5月頭までは営業する予定なので、イチゴ狩り・イチゴの販売で来て頂けると助かりますm( )m

 

 

はてさて…どっかのユーチューバーが逮捕された件で、本名について変な議論になっているとかいないとか?

個人的には当て字だけどまぁ読める、と思う程度だったが…あれだとキラキラネームになるのか;

そう考えると、名前ってのは難しいねぇ

変な当て字とか源氏名モドキ、漢字なのに横文字にして読むのはキラキラネームだと判るケド、特殊な読みは判断が難しいヨ

例えば疾風(ハヤテ)とかはどうなんかね?紅葉(モミジ)は問題無いみたいだけど

そんで、同じハヤテでもコッチの颯は確認できる…いやホントどうなんだ??

他にも…竜也や龍之介は実際にいるが、大蛇丸ってつけたら駄目なんだろうな

正直そんな変わらん気もするが、確かに面と向かって大蛇丸って名乗られたら…まぁアタシでも吹いちゃうだろうしな

(声もTARAKOサンにしか聞こえなくなるわ)

んー…最終的には、普通に読み書きできるかどうかになるのかねぇ

 

そして、某掲示板の開設者が言った学力との相関関係についてだけど…

それは関係ないだろうと思うんだけど、どっかの某塾講師が相関関係が認められる可能性があるのでは?と言う経験を語っている事もあるし、データを取らないと何とも言えんやね

差別的な発言だと憤るニンゲンもいるだろうが、実際のデータで明らかにしなければ議論にすらならんヨ

全国共通テストだと偏りが出るし、やる気のある人間が多いであろうセンター試験(旧)の模試なんかのデータを調べてみると面白そうダネ

全体的な点数・科目毎の点数・間違いが誤答なのか空欄なのか、他にも色んなグラフと名前との相関関係を調べるのも意義がありそうダヨ

可能なら、自分で予想点数を出させて実際の結果と比較してみるのも面白い

(…ま、これは自己分析と実際とのズレを指す、ダニング=クルーガー効果の範疇になるがネ)

んで、実際に相関関係があるなら残念ながら事実と言うコトになるし、無いなら偏見に基づく侮辱だろうよ

…とは言え、今はシュレディンガーの猫が箱の中にいる状態

経験則から予想を話しても、所詮それは想像上の理論…確定するまでは言わぬが花よな

実際んトコ嫌な思いをする人もいるわけで、思い当たる節があっても外に発信するべきでは無いのでは?とアタシなんかは思うヨ

まぁ、逆にキラキラネームも他人に不快感を抱かせる可能性がある、って事を忘れてはならんケドな(- -;

はー、まったくめんどくせぇ世の中になったもんダネ

ん…下らん話はこの辺りで終了

 

 

さて、久しぶりに熱帯魚の紹介でもするか

また繁殖シーズンになって来たし、今回は繁殖容易な卵胎生魚を紹介しとこ

…てか、現在は魚は大体家に持って帰ってるんだけどネ

いちいち水道水持ってくんのメンドクサイし、そん位は楽したい;

繁殖用のベアタンクでやってると、水換えの頻度も上がるしナ

フンの処理やら管理を第一に考えると、ベアタンク(低床なし水槽)にスポンジフィルターが一番しっくりくる

と言うか…フンが見えると掃除したくなるんで、アタシには合ってるナ

ホントはアトラスレイアウト(魚の産地と同様の環境を再現する水槽)とか好きだけど…オーストラリアやアフリカの水草とか殆ど来ないし

現地の水中写真も少ないから、そこまで植生が分からんのも厳しい

2~3週間でいいから現地調査に行きたいヨ(´・ω・`)

 

ま、それはともかくとして…

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなコはどうだろ?

飴色でとんでもなく地味な気もするが、個人的にはどストライクな魚だったりするネ

Xenophallus umbratilis(クセノファルス・ウンブラティリス)

調べると黄色がかった体色の写真も出るんだが…個体差やロカリティなのか環境由来か??

ウチのは飴色だけど、背ビレのエッジが黒くなるのは変わらんし…一体どうなるのか;

 

んで、この魚は大きく分ければキリーフィッシュやポエキリアの仲間だぁね

グッピーやソードテールみたいな卵胎生魚と言った方が分かり易いカナ?

んで…学名にもなってる通り、珍妙珍奇なモノ♂をお持ちになっている魚ダヨ

属名部分のxenosがギリシア語で「奇妙な~」の意…英語だとstrangeやoddに相当するかね

「クセノ」ティラピアなんかもそうだな…「変な」ティラピア

(因みに、ティラピアはボツワナの先住民が魚を指す言葉が由来…つまりはfishと同義)

属名後半… phallusの方は英語だとpenis、「男性の生殖器」を指す言葉ダネ

んで、種名のumbratilisはラテン語で「陰にいる」とか「引退・隠居した」の意…「書斎風」とも使うらしい

umbraのみでも「影」以外に色んな意味があるから難しいヨ

 

全部まとめると、「通例と異なる風変わりな生殖機構を持ち 陰に潜むもの」と言った所か

実際に飼ってみるとそこまで隠れっぱなしではないがネ

ま、ベアタンク+スポンジフィルターと言う環境もあるだろうし、草を入れてやれば隠れるのかも知れんケド

アタシの見たトコ、餌に対する反応も良くて直ぐに慣れるし、隠れやすかったり気難しい感じは無いねぇ

と言うかよく食べる…現地だと細かいのを常に食べているパーカーホみたいなタイプでは?と思うほどダヨ

 

 

 

 

 

 

 

因みに学名にもなってるオスのモノだけど、このゴノポジウムがそうだナ

(体の下側、真ん中辺りにある細長い棒状の部分)

モーリーやプラティなんかも持ってるケド、この先端が尖った尻ビレが生殖肢(gonopodium)

…なんでも左右非対称で右巻きと左巻きがあるそうな、遺伝で変わる巻貝の巻き方なんかと同じ感じダネ

(人間だとつむじの巻き方が近いか…顕性遺伝が右巻き、非顕性遺伝が左巻き)

ほんで、この尻ビレ部分を伝ってオスの精子が流れていくワケだぁね

卵胎生魚だからこういう機構…というより、この受精率を上げる仕組みの結果として卵胎生を獲得したようにも思える

というのはただの妄想だがネ

 

あ、それからこのゴノポジウム動かせるヨ

体に対して直角まで、普段から90度曲げたり戻したり、ピコピコ動かしてんのはよく見る

そんなんアタシでは写真に撮れないから自分で飼ってくれ^^;

んでもって、メスを追っかけたり、上下にジャークする行動もしてるから…繁殖行動(アピール)の1種なんかな?

取りあえず…欧州CBに頼らないでいい様、累代維持を目指して育てますかね

 

 

 

 

 

 

 

と思ってたら繁殖成功したわ

ただ、初産だからか親魚に食べられたのか…今回は1匹のみの確認

急いでブラインとか餌の準備しないとナ

複数回産むタイプだしお腹も張ってきてるんで、今度はもっと沢山産まれてくれると嬉しいわね

 

はて、他のレインボーフィッシュもそろそろだろうし、レオパもクーリング期間が終了した

こうなると色々忙しくなりそうだねぇ

つーコトで、イチゴの管理と飼育作業に戻りますんでこれにて失礼ノシ

 

2021年3月21日 日曜日 いちごについて, お知らせ

この間公開された愛知県試験場開発のイチゴ新品種はどうなるかね??

ま、3年以上待たないとウチ等には届かないらしいケドね

て感じでこんちわですノ

ようやっと発表された愛知県試験場作出のイチゴ新品種

大体の話は試験場に視察に行ってたから知ってるケド、自分で触ってみないと何とも言えないよね^^;

場合によっては章姫からコッチに鞍替えする予定だけど、先ずは半分のハウスで様子を見る感じカナ?

 

と言うのも、イチゴってば元は同じオランダイチゴ(コレも中南米原産モノの改良品種)の掛け合わせなのに…

品種によって特性と栽培環境(要求する日照や栄養条件)が違い過ぎるんだよねぇ^^;

例えばの話、章姫の特徴は花芽分化し易い+花数が多い+果皮が柔らかい+調子が良ければ電照不要…等々あるネ

これが紅ほっぺとかゆめのかになると、夜間の電照が要るし、花芽分化の条件が少し厳しくなって(と言っても別に難しくはない)、花数も少ない…と言うか章姫が多すぎる

だからか、出荷の人なんかは2芽仕立てにする人が多い印象だぁね

他にも、三重県作出のかおり野なんかは分化が早くて10月からでも採れる…いわば早生品種で花数も多い

その代わりなのか、このコは肥食いだから肥料は多く必要だったりする

同じく三重の桃薫なんかは完全な異端…そもそもがオランダイチゴと中国(だっけか?)の野生種を掛け合わせた品種

余談だが、前者の染色体は8倍体で後者の染色体は2倍体

桃薫はと言うと…まさかの10倍体、これもうわけわかんねぇな

コロナが収まったら、是非とも三重県の試験場に研修に行きたい所存ダヨ

(染色体は中学辺りで習ったハズ…人間のは2倍体だから23対、46本となるネ)

(この内22対=44本が常染色体で、23番目が性染色体…X染色体とY染色体だぁね)

(因みに、染色体数が多ければ良いのかと言うとノーだ…染色体数だけ見れば鶏や犬のが多いからナ)

(もう一つ余計な話をすると、グッピーのヒレに出る斑紋は限性遺伝…特定の性染色体上に遺伝子が存在する遺伝ダネ)

(グッピーの斑紋はY染色体上にしか無いから、斑紋が綺麗に発現するのはオスだけになるワケだ)

(逆に、フルゴールドなんかは♀のがヒレまで金色になると言うコト…実に面白いヨ)

まー、ここら辺は語りだすとキリが無いからこの辺でやめとくけどナ

 

 

因みにだけど、アタシは基本的に1つの品種しかやらないヨ

特になんだけど、同一ハウス内で複数の品種をやるのはアタシのプライドに掛けて絶対しない

まぁ…同じハウスで複数の品種が育てられるか?と聞かれれば、可能だと答えよう

但し、各々最高のパフォーマンスを引き出せるか?と問われれば…まず間違いなく無理だ、という返答になるヨ

実はこの間、TV局だかなんだかってヒトに犬の例えだけ言ったんだが…特に詳しく聞く気がなかったのが残念ダヨ

ま、その時同様…これに関しては動物で例えようかネ

 

そうね…同じアフリカンシクリッド(熱帯魚)を飼育するとして

レピディオランプロローグス・ケンダリィとペリッソドゥス・ミクロレピス、マラウィアンのムブナの仲間、クセノティラピア・パピリオ、ステアトクラヌス・カジュアリウス…この辺りを同じ水槽・同じ餌・同じ環境で育てられると思いますかね?

 

 

 

答えは…ノー!!

言うまでも無いが…アフシクと言う種類だからと言って、河川産・マラウィ湖産・タンガニイカ湖産では水質(ph/gh/kh…etc)が違う

ブリードが進んでいる種類なら中性~弱アルカリに保っておけば飼育は可能だが、当然ベストではないネ

餌に関してはもっとシビア…レピディオなんかの魚雷型やニンボクロミスなんかの待ち伏せ型は肉食性が強いし、ムブナの方は藻食い、クセノティラピアとかのサンドシクリッドはベントス食、ペリッソドゥスに至ってはまさかのスケールイーター(鱗食い)だったりする

んで、食性が違うと言う事は必要な栄養分も違うと言うコト…全て同じで良いハズが無いよね^^;

環境に関しても、魚雷型は水中を動き回るので遊泳スペースが必要、待ち伏せ型や小型シクリッドは隠れ家となる石組やシェルターが欲しい、サンドシクリッドはその名の通り細かい砂を低床にするのが好ましい…やり方次第ではベアタンクでも飼えるケド、それでよろしいわけがないヨ

つー訳で、水槽を分ければ同じ管理でいけない事も無いものの、熱帯魚は種類毎に管理を変えるのが理想的

イチゴも同じで、別の品種を同じ管理でするのは好ましくないのダヨ

 

ま、コレだと熱帯魚マニアにしか解んないだろうから、犬で例えようかネ

犬となると…ドーベルマンとチワワを同じ環境・同じ餌・同じ運動量で飼育出来るカナ?と言うコトだぁね

飼ってる人に聞けば分かると思うケド…ドーベルマンの散歩は自転車で行う位じゃないとストレスで噛みつかれる程^^;

給餌に関しても、子犬~成犬~老犬ですら餌を変えるのは栄養バランスを考えてのコト

小型の室内犬と大型の軍用犬(警察犬)を同じ管理で飼うのが理想的なのか…そうで無いのは火を見るよりも明らかダヨ

 

待てよ、犬より猫派には伝わらないか(アタシはどっちも好きだが)

ならばお茶で言おうか  ^^) _旦~~

緑茶・紅茶・中国茶と色々あるが、どれも同じつぎ方で良いか…当然ノーだ

緑茶は不発酵茶、紅茶は発酵茶、中国茶は色々だがウーロン茶なんかは半発酵茶ダネ

茶の世界は調べると奥が深いんで割愛するケド…それぞれ最適な温度が違うし、蒸らしにも違いがある

(ま、だから緑茶の器には1度余分に冷やす湯冷ましがあったりするんだけどナ)

 

 

と、面倒な説明はこんな所にしとくかねぇ

結局のトコ言いたいのは…同じように見えるものでも最良の扱いは異なる、ってコトだぁね

まぁ、別にアタシは他者を貶す意図なんぞ無いがネ

複数品種をやりたきゃそれはそれでいいからナ

アタシは1種でも改善する要素が多いからせんがね…程度の考えダヨ

ただまぁ、やたらに品種を気にするのは得策ではないねぇ

ぶっちゃけイチゴの大きさ・味の殆どは管理者次第だからナ(笑)

後は日にちが経っていないコト、スーパーで見る他県産ので美味しそうなの見た事無いもん^^;

メディアや東京のお店に売り込んで、イチゴと言ったら○○みたいに印象操作した福岡県の販売戦略は見事だが…

正直なとこ、上記の出荷品なんかを見てるとイチゴ自体の評価を下げる結果に繋がってやしないか?と考えてしまうヨ(- -;

あ、アタシは章姫のみだけど…今年は1番~2番の頂果がこんな事になりまして

 

 

 

 

 

 

流石に油性ペンよりは短いケド、余裕の80mmオーバー

大きいのは実測90mm近かったんだけど、このノギスだと見づらいな;

 

 

 

 

 

 

 

 

重さは1粒で80g↑…もっとデカイのも普通にあったから驚きダヨ

(以前のデータを見るに、長さ80mm・幅55mmできちんと紡錘形だと重さが80gを超えてくる模様)

12月~1月の1番花・2番花で頂果にコレが着いていたケド、さすがに3番花からは普段の特大サイズに戻ったねぇ

ぶっちゃけ、現在はもっと小さいサイズが多いんで悪しからず(- -;

 

 

と言う具合に、別に品種を気にする事は無いんだよね…管理者の知識と熱は気にするべきだけどサ^^;

さて、長くなったし今日はこの辺で終わっとこうかね

そんではノシ

 

2021年2月28日 日曜日 お知らせ, 雑談?とか

緊急事態宣言云々より、外出自粛への補償してくれ(ほぼレオパの話だけどな)

こんちわ~ノ

ようやく緊急事態宣言の効果が出てきた感じもする今日この頃

もっと早めにキツく対処しとけばここまで悪化しなかったのかも知れんが

まぁ、んなもんあくまでも推測だからねぇ

そんな状況だったんで、一旦3月の予約は止めておいたんですケド

この前、受付の方を再開しました

感染症が心配とは思いますが、対策の上でお越しいただけると幸いですm( )m

 

…てか、いっそのこと観光農園も休業要請してくれ

国も県も補償したくないのは解るんだが、ウチの手伝いも年が年だから心配ダヨ;

まぁ、前回の休業要請では観光農園についてなんも無かったケドな(# ゚Д゚)

電話繋がんねーし、忙しいかと思ってメールしたら個別の案件には対応できないって返って来たしなぁ

対応についてはHP更新するって書いてあったにも関わらず、結局申請期限までに県のHPにゃ何も追記されなかったという

当然アタシの心境はこうだ↓

 

……

ふざけるなあぁぁぁあ!!!

魔法カード発動!!バーサーカーソウル!!(略

 

…と言う具合に怒りがMAXだった訳ですがね

適当に書いたうろ覚えバーサーカーソウル(絵)については何も言うナ

もっと顔が左向きだったカナ(- -;

そして、イラついた時はデュエルリンクスやろう

このご時世でもリモートで安全だしナb

(あ、アタシが使ってんのはサイドラ・サンドラ・召喚獣・ブラマジ・カオスライロ・デスペ・墓守・霊獣…とかか)

(ストラクとセールの安い時以外お金使ってないし、微課金+ジェムでも十分組めるハズ…汎用魔法・罠は足りんケド)

(因みに、お気に入りは妖仙獣・墓守・マジシャンガール・呪眼…守りの厚い耐久するデッキが好みダネ)

(てーかサイバーダークにもインフェルノ実装してくれ、アレイスターに比べれば環境荒らさないだろうし問題無いダロ)

 

 

まぁ、それはともかく…

こんだけ昼間でも外出自粛を求められるとイチゴ狩りも厳しいですヨ

まー直売と出荷でなんとか穴埋めするしかないか

因みにですが、イチゴの直売に関しても予約頂けると助かりますわ

アタシは食品ロス…と言うか売れ残りを廃棄する、と言う行為が大嫌いなのでネ;

ぶっちゃけた話、経営者の言う機会損失って考え方にゃ反吐が出るワケで

目先の利益追求だけして、それで無駄なロス出してんじゃねえって話ダヨ

ま、SDGsとか騒いでる割に農業生産物に対してはまだまだ雑なんだよねぇ(- -;

そういうコトで…イチゴの販売でも可能な限り事前に予約頂けると確実に用意が出来ますので、宜しくお願いします

 

 

愚痴ばっかじゃアレなんで、2019年に孵化したレオパの成長を載せておこう

殆どはお店に引き取って貰ったんだけど、一部は気になって手元に残しておいたからナ

2019年初夏~孵化ってことは、現在1歳半~くらいになるのか

 

 

 

 

 

 

このコは♀ブリザードhet.ホワイトナイト×カルサイト♂の子供ダネ

遺伝子的には色々入る可能性があったケド…ベルとエクリプスにhet.ブリザードって感じかねぇ

模様は背中に十字の入った厨二仕様だb

ま、成長後はこんな感じ

卒業したのか背中の模様が見えづらくなったネ

多分これなら…レーダーhet.ホワイトナイト

最大の問題は瞼の奇形…孵卵温度か振動のせいか、瞼が変形して眼に被ってるのが心配

他と比べて脱皮不全が起き易いんだよね…湯せんとかで対処できるケド

取りあえず、このコは責任もって自分で育てるとするヨ

 

あと…白いコも変化が激しいナ

親は♀スノーオーロラhet.レーダー×カルサイト♂

アタシは基本飼育動物に名前は付けない派なんだけど、このコは白いし公家眉だし…

今川義元でいいんじゃないカナ(- -;

(実際はマユゲと呼んでいるが)

 

 

 

 

 

 

因みに、このコは食いが悪くて落とすかと思ったヨ(上の写真の約2か月後なのに痩せてる)

今は普通にパワコのLL食べてるケド、一時期コオロギの受け取り拒否かましたからナ(- -;

その暫く後には下痢~血便まで出したし、よく持ち直してくれたわ

(一応…食べない場合の対処→現状より少し高めの保温+小まめに霧吹き・ウェットシェルターの水換え+餌をミルワームやレッチに変える)

(そんでも無理ならレプ○ーゼで整腸、他にも脱皮不全が起因にもなるから注意して見る…とかか)

 

 

 

 

 

 

そして成長後はこの…なんだこの模様;

尻尾と手足位しか面影ないぞ(?_?)

一応、目の後ろにマユゲの名残はあるケド…よく見なわからんw

んー…これは、W&Yスーパーマックスノーレーダーってトコか?

(ただ、エニグマ持ってるような気もするからスーパーカルサイトの可能性もあるか??)

取りあえず綺麗だから何でもいいや

 

そういやW&Yで気になる変化もあって…

 

 

 

 

 

 

こういうハッキリと出てた個体がだね

こういう色味になって

 

 

 

 

 

 

 

こういう地味な色味になるもんなのかね;

親はマユゲと同じ♀スノーオーロラhet.レーダー×カルサイト♂

ノーマルアイだしオーロラhet.レーダーだとは思うんだけど、思った成長予想と違って驚いたわ

本当にW&Y持ってんのか不安になる色の変化で困るわ

ま、こういう化け方も面白いがネ

 

 

そして最後に、この間お客サンに尻尾の太さについて聞かれたんでちょいと詳しく説明

…ってもアタシもまだまだ素人だからアテにならんけどナ(笑)

ま、レオパの尻尾は太ければ良いってもんじゃなく、健康状態のバロメーターだとアタシは思っているヨ

先ず、生後1~2年は成長期だからまぁ太らないハズ

尾や脇に養分を貯め込むよりも、体の成長に栄養を回しているからネ

この辺はお店の人とも話してみたし、ピント外れでは無いと思うわ

んで、アタシの見た感じ…ブリーダー放出の親個体は大体尾が太い

 

 

 

 

 

 

 

例えば、EUのブリーダー放出のエレクトリックアトミックは買った段階でこれより太かったナ

まぁ…今の写真はクーリング2か月目で少し痩せてるのもあるケド;

このブリザードhet.ホワイトナイトは国内ブリーダーの放出で、やはり元から尾が太かったナ

このコもクーリング前はもう一回り尾が太かったし、タイミング悪かったのが残念

 

他にもいるが割愛して…

アタシがヤングサイズから育てている個体について、飼い始めて3~4年経つ個体の尾が今年から太くなったネ

 

 

 

 

 

 

 

以前リミックスにいた店員サンのブリード個体でタンジェリンレーダー♀

10cm位のベビー~ヤングで飼い始めたのがこんだけ育ったねぇ

去年まではそこまでだったんだけど、今年はやけに尾が太ったヨ^^;

因みに、飼って2~3年くらいのコは脇ぷに出てるけど尾はそこまで

 

 

 

 

 

 

こんな感じだぁね(スノーオーロラhet.レーダー♀)

ほんで、アタシとしてはこのコくらいが理想的

ブリーダー放出とかの個体は産卵数を増やしたいんで餌を多めにやってるハズ…個人的にはちょっと太り過ぎな尾だと思う

この辺は「ヒョウモントカゲモドキの健康と病気」って本にある尾の判別が一番参考になると思うヨ

 

うし、こんなもんカ

ま、とりまレオパは尾が痩せなければ問題無いとは思うケドねぇ

食べずに痩せたら、買ったお店に行って環境・状態を知らせたうえで相談

食べてるのに痩せたら、病気を疑って直近の餌・飼育環境をメモって病院に行くべきだぁね

餅は餅屋…そこはSNSで聞いてる時間があったらプロを頼るのが一番良いからナ

ほんじゃ、今日はこれにて失礼しますノシ

 

2021年1月11日 月曜日 化学に関連する話, 植物について(主に熱帯植物)

久々に微量必須元素の座学と行こうか

つーワケでこんちわノ

あーいや、明けましておめでとう御座います

今年も宜しくお願い致します

…まぁ、正直そんな気分じゃ無いケドねぇ(- -;

去年からCOVID-19の感染拡大が止まらんのが困りものダヨ

客足が伸びないのは当然か、そんなら休業要請してくれた方が有り難いのだがね

いやマジで、一日4万円でも文句言わんと休業するから補償を頼む

(…イチゴ狩りの用意しながら出荷とか無理だから、状況次第ではイチゴ狩り止めるという選択肢も現実味を帯びてきたナ)

んで、その感染症対策についてリンク貼っときます↓

※重要 <COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に対する対応> ※

あ、現在イチゴはこんな感じですネ

頂果~2・3番果が採れて、ようやく小型化してきたかね

っても特大~大サイズが限界で、小で作れる様な小さいイチゴはまだ少ない^^;

イチゴ狩りは無理かもだけど、直売のご予約とか頂けると助かりますのでお願い致しますm( )m

 

 

さて、新年一発目につまらん肥料の話をしようかネ

三大必須元素N・P・Kと…微量のはMg・Caで終わってたか

んじゃあ残りの非金属元素B・S・Clダネ

 

B…ホウ素、第2周期にある13族

原子番号5番で原子量は約10.81、語源はアラビア語で「白いもの」を指すBuraq(英語だとBoronだが)

ゴキブリ駆除剤としてホウ酸団子に使用されたり、ホウ酸塩は防腐剤・防虫剤として塗料にも混ぜ込まれている

(原理は未だに未確定らしいが、脱水や代謝阻害?を引き起こさせるんだとか)

(人間は摂取しても腎臓で排出されるから無害だが、昆虫や菌類はそういう排出機構が存在しないから毒になり得ると言うトコロが面白いネ)

(ま、ぶっちゃけた話…嫌気性菌とか原始的な生物にとっては酸素でさえ毒だもんな^^;)

それに、硼砂なんかは洗濯糊と混ぜるとスライムが作れるし、単純に洗剤にも利用できる

後は、耐熱ガラスにも熱膨張を抑える目的でホウ酸が利用されているし、中々生活の役に立っている元素と言えるネ

 

植物についても、微量ながら必須の元素ダネ

ホウ素が不足すると、黄化したり成長が止まる

但し、過剰に供給すると褐変症状が出たり白化する

ホウ素単体では自然界に存在しないのに、肥料として与え過ぎると過剰症が出る…実に興味をそそられるヨ

ま、イチゴを栽培する上ではまず出ないケドな(笑)

 

 

次にS…硫黄だぁね

第3周期の16族で原子番号16番、原子量は約32.06

語源はラテン語で硫黄を指すsulphur(英語も同じくsulphur…クリストロンはサルファフナーだがな)

SはOやNなんかと同じように、化合物の性質を変える元素だったりする

硫化水素、H2Sなんかは分かり易いか…水素を吸ってもまー死なないが、硫黄が1コ引っ付くだけで毒性が大きく高まる

温泉の匂いと言われるのは硫化水素等火山性ガスの匂い

(腐卵臭とも言うが、事実卵にも硫黄が含まれていたりする)

有名な話だが、空気より比重が重い為に窪地等に溜まり易い

だもんで、火山や温泉地近くの森なんかでは窪地は避けた方が良いネ

硫黄の実用性と言えば、天然ゴムに混ぜて弾力性を高めたのがタイヤだそうで

…なんでそんな事思いついたのかと感心するヨ(発明したのはグッドイヤー氏だったか?)

 

あ、植物だと硫黄の欠乏症も過剰症も通常出ないネ

一応症状は確認して知ってるケド、見た事ないし別に気にするもんでも無いから割愛(笑)

てか、農薬として使われてたからな…硫黄

硫黄石灰合剤とか、硫黄燻煙剤とかダネ

ビニールを痛めて劣化を早めるから、上の2つは現在あまり使われていないハズ

今も使われてんのはアン○ラコール(プオピネブ剤)やジマンダ○セン(マンゼブ剤)か

構造式は全然違うケド、どちらも似た様な元素で構成されてるし、作用も植物体表面の保護と同じ

硫黄自体が広範囲の菌に殺菌性を持つから、他にも農薬として利用されてるナ

 

 

後はCl…塩素

第3周期の17族、原子番号17番で原子量は約35.45

語源はラテン語で黄緑色を指すChlorosから

塩素ガスは黄緑色で空気より重い、ついでに毒性も高い

(塩素系漂白剤と酸性の洗剤なんかにある「混ぜるな危険」はコレが発生する為)

(自然にある塩素原子が2つ引っ付くだけで呼吸困難・肺水腫・死亡を引き起こす有毒ガスが発生するワケだぁね)

(しかも重いから、窓を開けても中々出て行かない…悪用しちゃ駄目だゾb)

塩素単体で見ると、ハロゲン族の元素なんで電子を奪いとる力が強いよね

酸化力が高いから殺菌・漂白に使われるとか、化合して塩を出すって性質は有名だから別に言うまでもないかねぇ

一応…ハロゲンとはギリシア語のhalos(塩)+gennaoとかgenes(作る)

halosは英語のhall(空間)と繋がっていて、岩塩をくり抜いて空間を作っていた事からhalos→hallとなったとか

gennaoはoxygenやhydrogenの語尾にも使われており、~を作り出すの意味を持つ…ゲノムなんかも同じ由来

因みに、オゾン層破壊の実行犯は塩素

昔の話だが…フロンガスがオゾン層に良くないという話と共に、そこに含有されているフッ素が悪者扱いされた時があったネ

実際のところは、フロンガスに含まれる塩素の方が上空で分離されて、その塩素がオゾンを分解していたと言う話ダヨ

んで、現在特定フロン(CFC=クロロフルオロカーボン)は規制され、塩素を含まない代替フロン(HFC=ヒドロフルオロカーボン)が使用されているが、フッ素は悪者にされてとんだ迷惑だったと言うワケだ

 

そんな元素だし、植物では欠乏症・過剰症共にまず見ない

通常の圃場では考えられないから、症状や対策もほぼ無い…てーか必要ない

敢えて言うなら、水道水使ってんなら塩素濃度に注意しとけって位か

水道管理の職員サンがヤラカさない限り、んな高濃度になる事は無いケドな(笑)

 

 

よし、つまらん話はこれで終了

そう言えば、去年はベゴニアの葉っぱから行う増殖にチャレンジしてみたんダヨ

こんな風にバーミキュライトを水で湿らせて、上のラップには針で穴開けて通気性を確保

ベゴニアの葉っぱに対しては葉脈に切れ込みを入れて発根・発芽を促しておく

後は何日か置きに適度な霧吹き、ライトは事務所の蛍光灯のみ

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで新芽が展開して来て一安心

B.セラティペタラも何とか増殖が成功しそうな感じダヨ^^;

まー、ベゴニアを簡単に殖やすなら挿し木(さし芽?)で十分だけどナ

(実際一昨年はそれで殖やしてお店に持ってったしな)

 

 

 

 

 

 

B.ポリロエンシスはこんな感じで増殖中、伸びた親株の茎を2~3節で切って差し戻しするだけ

っても、地上部の節間に葉が無いと駄目で、その付け根から新芽が展開してくるネ

このポリロエンシスは親株買ってから3年は経つから、株の更新も兼ねた増殖だぁね

てか、ベゴニアは日本にも協会があるし、本も出てるから情報があって助かるわ

他の熱帯植物なんて詳細を書いた専門書ないから、イベントで変態上級マニアの話を聞くのが一番為になるからナ

早く感染症が収束して、イベントが開かれるようになって欲しいものダヨ;;

 

長話で疲れたんで、今日はこれで終わりにしよ

ほんじゃノシ

最近投稿された記事

カテゴリー

月間アーカイブ

外観画像

〒479-0802
愛知県常滑市西阿野字天気354

アクセス方法はこちら

TEL:0569-47-6622

営業時間:9:00~16:00

※苺狩りは予約制となっています。

※WEBでのご予約の方はお一人様につき100円引させていただきます。

  • あかりブログ
  • 常滑市の紹介
  • 朱里いちご園の紹介
  • 予約カレンダー