2015年3月21日 土曜日 お知らせ, 雑談?とか

あれ、更新滞ってますよね?→ (∩゚д゚)アーアーきこえなーい

あ~、タイトルの通りですが、しばらく更新できませんでした(- -;)

まことに申し訳ありませんm( _ _ )m

まあ、タイトル見る限り...反省ナシに見えると思いますけどネ!

てなワケで、久しぶりです。サボってたんじゃないですよ!忙しさに磨きがかかっていたんです...よ

イチゴ狩りの準備して、イチゴ摘んで、確定申告して、苗用のハウス造って、アレ...もう来年の苗を植える時期かー、って言う状態でした::

 

2015年 イチゴ苗

 

んで、何とか苗の植えつけが終わりました。

まあ、階段作ったり、水槽の準備したり、やるコト満載ですけどネ!

よし、言い訳終了!次々!!

 

 

 

ユキヤナギ 開花2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん~、コレがナニか判りますか?コレとか見て春が来たな~って思ったのですヨ

まあ、ピンと来る人にしか判らないカナ~とは思うのですが^^;

まあ、ユキヤナギって低木なんですけどネ!

で、なんでこんなヘタクソな写真を載せたかってトコですが...

今年度は変な天候、変な季節でしたよね~、って話がしたいのですヨ

写真が無いのでアレですが...

今頃になって、ようやく水仙が咲いてきたり、それと同じくらいに桜やユキヤナギが開花したので気になりまして

水仙なんかは季節の指標植物になるみたいでして、梅とかコイツの開花が遅いと春が早いそうです

春が早いどころか、四月前後に咲く花とそう変わらないのですが...(- -;)

他にも、春を感じた写真でもうpしますよ~

紫蘭 出蕾1

え~、休眠していた紫蘭の新芽が出てきてますね(地味)

花が終わった後に放置していたら、カラスが掘り起こしてましたが、無事だったか(^ ^)b

他にも、ヤブランとか春蘭、和蘭なんかも元気に根っこ張ってましたヨ♪

 

 

 

 

 

花菖蒲 新葉展開コッチは、花菖蒲ですね(地味)

古い葉っぱを剥くと下には新しい葉っぱが来てますねえ

...え?愛知県ならカキツバタ植えろって?

もっと品種改良してくれると良いのですが...なんか琴線に触れないんですヨネ;

 

 

 

 

 

 

四季咲 撫子 開花次は、撫子(四季咲き)ですヨ(開花しそう)

ダイアンサスの仲間で、品種もちょこちょこ改良されてますネ

カワラナデシコや、改良種の伊勢撫子みたいな背の高い種もいいですね~

 

 

 

さてと、地味な春の便りはココまでにして、と(ミセバヤとか紫陽花も新葉の展開がありましたけどネ)

このラインナップから、植物好きならアタシの趣向が予想出来るカモ?と思ったりしますが...

ええ、日本に古くからいるコが大好きなんで、この地味な写真になりました(笑)

でも、まあ、植物も魚も日本の品種って地味だなー...って言う前にですね、育ててみましょうよ

小さいコでも大分、感じ方が変わると思いますヨ!

植物なら、春ごろからは捩花(学名にsinensisってあるから中国原産だろうけど、古くに帰化した植物ですのでご容赦を)とか、庭藤(うららかリップとかキレイですし)とか、紫陽花(西洋種のハイドランジアとの交配種も強くていいですが、あえて山アジサイとか推してみる)とか、

夏近くに暑くなってきたら、朝顔とか芙蓉(両方、蓄音機みたいな花ですよネ)ですかね...藪蘭(ムスカリみたいに見える)とかもそろそろかな?

涼しくなったら、秋らしく萩(七草になるだけあって、意外と強健ですヨ)とか、彼岸花(別名、死人花...根っこにはアルカロイド系の毒を含有するが、熱を加えると無毒化されるので緊急時の食用として広まったらしい)とか、んで、そろそろ山茶花の咲く季節になりますね~

日本の冬は生き物にはツライですが、椿(カメリア属のjaponicaさんですネ、sinensisは茶の木ですが)なんかは元気ですし、新年になれば福寿草(盆栽で使うイメージが...)も出てきますよ~

この後は、水仙(あ、このコも鱗茎などにアルカロイド系毒素を持ってますので、ニラなんかと間違えないようにネ)とか、フキなんかを筆頭にどんどん春めいてきますかね

てか、小さくて簡単に育つ植物を中心に書いてたら、やっぱり大陸からの帰化植物が多いな~と思ったり^^;

水仙なんかは元々、ヨーロッパ原産ですしねぇ...英名とか学名のナルキッソスなんかはギリシャ神話からきてますし、ナルシス(ナルシスト)の語源ですしネ

あ~、含有する毒は水溶性、且つ、葉っぱや茎にも含まれるので、水仙を切り花にして活けた花瓶の水は毒性を持ってしまいますヨ

過去にこどもが飲んで中毒になった事例もあるので、親御さんは要注意で...アレ、かな~り脱線しましたね。

まあ、日本に古くからある植物も季節ごとに美しい姿を見せてくれるってコトですよ!

日淡(日本の淡水魚)にしても、高水温に弱かったり、案外と気性が荒かったりで敬遠されがちですが(あと地味;;)、繁殖期の婚姻色は異様にキレイですよネ!ヤマメとかアマゴ、オイカワ、ウグイとか!

まあ、でも、年1回の発色では地味な魚と言われても仕方ないのかねえ...

但し、異国のコトを識るのはいいコトですが、自分の周りを識るコトが疎かになってる程度ではダメだと思うのですヨ

例えば、日本地図見て県と県庁所在地が判らないなんて、勘弁して欲しいですがネ!

あー、本職と関係なくなってきたので、ここいらで終わりにしますよ~(  )ノシ

 

 

2015年2月21日 土曜日 いちごについて, お知らせ

昨日、風立ちぬを見て、ふと思いついたので…

こんにちは~です。

題名だけではナニを書くか判らない感じではじめさせて頂きますヨ。

アタシは戦争に関して触れている作品が大キライなので、今まで見てこなかったのですが、初めて宮崎監督の「風立ちぬ」をテレビで拝見しました。

なるほど、面白いですねえ…まあ、白人種との小競り合いとかはやはり見たくないのですが(- -;)

それでですね、作中の人たちがやたらタバコ吸っているのが印象的だな~と思ったわけです。

ん~、まだ農業とつながりませんよねえ。

では、もう少し細かく掘り下げましょう!

みなさんご存じかと思いますが、タバコの主成分(有害ですが)はニコチンとタールですよね。

んで、このニコチンてのは古くから農薬に利用されているモノなんですヨ。

ニコチノイド系農薬ってヤツです。ま、現在は毒性の低いネオニコチノイド系農薬が一般的ですが。

コイツはなかなかに曲者でして、モノによってはミツバチなんかの有用昆虫にも毒性を発揮するってコトで問題視されるのです。

ただ、まあ、批判的なコトいう人はどうも科学的根拠の提示が苦手なのか、感情的なのか、しっかりとしたデータを出してくれないのがねえ…

外国での規制についても、「この農薬を使いだしたらミツバチがいなくなった」程度の話しかないですし…子供じゃないんだから。

以前に使っていた化学物質が残留していた可能性もあるし、使用者が適切な使い方してたのかも疑問ですよネ。

規制かけた後でもミツバチの大量失踪が起きているのだから他の要因も考えるべきだと思うのですが、つまり、環境要因(気候変動や生物分布など)も考えられるし、生き物については複合要因の可能性もあるワケでして、一概には言えないハズなのですがネ。

まあ、ミツバチの失踪事件という通り、肝心のミツバチの死骸が出てこないので厄介なのですが…てか、コレが原因特定できない要因ですかね。

死骸があれば多少は類推できるのですが、なにせ被害者がいない。いつの間にかいなくなる。

せいぜい、使用農薬と環境条件くらいしか判らないのでは、「恐らく~かな」程度しか言えない、そのハズ。(金〇一とかコ〇ンとかにでも解決してほしいものです)

あ、そういえばですが、たまに「なんでミツバチ飼ってるの?」って聞かれるのでお答えしときましょう。

ミツバチ 受粉中写真の中央付近、白い花の上にいるのが、お仕事中のミツバチ君(労働の対価は”代用花粉と砂糖水”)です。

ナニしてるのかって言うと、「イチゴの受粉」を手伝ってくれているのです。

コレがないとイチゴの実はちゃんとできませんので、頭が上がりませんヨ。(^^;)

ちなみに、受粉できているかどうかは花を見れば判ります。

 

 

イチゴの花 花粉アリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコが受粉前の花です。

全体的に黄色いかと思います。

イチゴの花 花粉ナシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 んで、こっちの子が受粉後の花です。

よく見ると、花弁の一つ内側にある雄しべが褐色になっていますよ。ミツバチ君が花粉を集めてくれたというコトですネ。

ちなみに、ミツバチ君がビニルハウス内を全体的に飛び回ってくれるので、自家受粉にならずにしっかりとした実ができるわけで…

ん、そういえば、ミツバチも同じコロニー内でばかり交配が繰り返されていたら、遺伝的多様性が失われて異常が起こりやすくなるのでは?(まあ、ミツバチは閉鎖環境でも近親交配になりにくい性質を持っているのですが…やはり限界があるのかも? ここでは長くなるので割愛しますが)

植物の受粉について書きますと、風に運んでもらう「風媒花」と、虫に運んでもらう「虫媒花」がありますよね。人に話すと「へ~」って言われるのですが、オカシイな?小学校だか中学校で習ったハズなんですけどネ!

マツとかイチョウなんかは風媒花の代表格で(地味で花のイメージの無いモノが多いワケでして)、紛らわしいのはタンポポですが、アレは受粉後の種子がフワフワ飛んでるだけなので、虫媒花ですねえ。

え~と、だいぶ脱線したような気が…なんの話から入ったんでしたっけ?

ああ、そうだ、タバコのコトからでしたね!-y( ´Д`)。o〇

作中とは言え、あんなにタバコ吸っていたら彼の健康状態が心配になりますよね(‐‐:)

ニコチンもタールもなんですが、毒性試験すると青酸カリより毒性が高いワケでして(急性毒性の話ですが)…依存性も高いですしねえ。

まあ、タバコで気持ち良くなる原理は簡潔に言うと…麻薬とおんなじなんですが(ある種の麻薬とは真逆の作用だったり)、え~と、「肺に吸い込まれたニコチンは血中から脳内に侵入して、神経伝達物質を感知するレセプターに結合してドーパミンを出させて快楽を得る」という作用機構(ホントはもっと細かく書きたいですが…)になりますね。

単純に言えば、「脳が楽しいと感じたから気持ちいい」のではなく、「脳に気持ちよくなる物質を出せ!っていう物質を取り込んでいる」のですね。

うん、まあ、他人に害が無ければ好きにやってろと思いますけど…周りに迷惑かける(臭い+タール他に発がん性アリ)のはどうかとおもいますがネ!

あ~、そろそろ長話が過ぎますかねえ?

薬物みたいな化学物質は話し始めると長くなるんでアレですけど…個人的に好きなので書いていきたいな~と。ま、アタシは高校時代には文系でしたけどネ(笑)

そろそろ学生諸君の受験やらテストやらも落ち着く季節!

暇つぶしにイチゴ狩りでもどうですか?

って繋げたトコロで、今回は失礼します~ (^^)ノシ

 

 

 

2015年2月17日 火曜日 いちごについて, お知らせ

中部国際空港(セントレア)ができて10年になるそうで…

久しぶりの更新ですいません^^;

ただでさえ忙しいのに、カクテイシンコクとかいう奴に追われる日々デス;;

さて、タイトルにある通りなんですが、本日2・17にセントレアが開港10周年を迎えたそうですね。 まあ、常滑市民なのに今朝のニュースで知ったわけですけども…

常滑市に住んでいるともっと宣伝すればいいのになあ、と思うことが多いですねえ。せっかく親善大使になってくれた99のやべっちとかイベントに呼んだら良いのにとか、

常滑焼の職人さんだって、伝統工芸士の人が常滑焼祭りで普通に直売しているのですが…アタシも買ってから名刺貰ってビックリですよ。

あんまり、大々的にアピールしたがらないのが常滑市の特色なんですかねぇ…まあ、美徳ということにして、イチゴの話でもしましょうかね。

先日来ていただいたお客さんに聞かれたのですが、「小さくて赤いイチゴって、放っておくと大きくなるの?」とのことですが、 お答えしますと、大きさは緑色の段階でもほぼ決まっていますので、赤くなったイチゴはもう大きくなりませんヨ。

もっと詳しく言うと、イチゴの大きさ≠果実重量はそう果(黄色いつぶつぶ)の数が多いほど上がります。

イメージしづらい?ですよねぇ、参考書みたく書くとこうなりますネ。

では、写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上段、4つのイチゴをよく見ると、大きさは違うのにつぶつぶの間隔は同じくらいに見えませんか?

 

対して、下段の2粒はつぶつぶが密集していて間隔が狭いように見えますよね、おそらく見えるハズです!

「そう果(つぶつぶ)の大きさ・間隔は変わらないように見えるのに果実の大きさは異なる…」

 

つまり、「大きな実ほどそう果(つぶつぶ)を多く持っている」という事なんです。

なんで、下段イチゴはつぶつぶが上のイチゴと同じくらいの間隔になるまでは大きくなります。

だから、イチゴってのは大きい実になるか、小さい実になるかが、緑のうちから想定できるわけですネ。

こんなことは栽培してみないと気付かないですよね^^;

さてと、他にもいろいろ書きたいですが、ダラダラするのもナンですし、次の機会にいたしましょうか。

まあ、仕事に追われて時間が足りないんですが;;

誰か精神と時の部屋とか修練の門作ってくれないもんですかねぇ?

まあ、自分で加速装置とかデ〇ルトリガー(DmC版)使えとかはナシの方向で!

あ、最後の方は興味なければスルーして下さいネ!

でわでわ〰(- -)ノシ

 

 

2015年1月22日 木曜日 いちごについて, お知らせ

美味しいイチゴってどんなのだろう?

さてと、久しぶりの投稿ですいません。

題名なのですが、イチゴ狩りのお客さんがよく聞かれるので、ココで言っておきましょうかね。 え~、ぶっちゃけた話、味覚は人それぞれなのでその人の好み次第ですね!

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

うん、ふざけてないでちゃんと解説しましょうね。(まあ、言っている事は事実ですけど…)

イチゴっていうのは色んな顔を持っています。ウチの扱っている章姫なんかは、品種としては甘味と酸味のバランスが良いとされています。 ただ、完熟させたモノは甘味が際立ちますし、6~7割赤い位だと酸味とのバランスからかリンゴみたいな味になりますね。

ちなみに熟し過ぎて赤黒くなったモノが好みの人もいますが、ん~、その状態のイチゴっていうと水分が多すぎる場合、ブドウ食べてる様な感じになりますね。 逆に、赤黒くて水分が抜けている場合は…ドライフルーツ食べられる人なら食べられるカモ?って感じです。

まあ、基本、イチゴ狩りをして頂く場所は掃除しておきますのであまり見ないと思いますが…興味があればご用意しましょうか? でも、こんなコト書いておいてアレですが、イチゴ狩りされる時は赤く熟したモノだけ食べて頂いたほうが無難ですけどね。 特に、まだ白い実は他の人が食べる事になるわけですので、無闇にちぎったり、触ったりしないのがマナーだと思って下さいませ。

最後に、その無難な美味しいイチゴの見分け方でも。

「其の一 *緑のヘタを見よう」

ヘタが上に反り返っているものは甘いのが多いです。見ていると、未熟な白いのは反っていないモノが多いです。

「其の二 *ヘタの周辺はどうか?」

イチゴは先端の尖っている方から熟していきます。なので、一番端のヘタ周辺が糖の影響でテカっていたり、割れていたりするモノは大体甘いです。

「其の三 *てか、そもそもなのですが…」

練乳、ジュース、甘い菓子なんかは来園前には食べない方がいいですよ~。

だって、絵を描くとき、青色の絵の具を使った後に藍色の絵の具使う人なんていないでしょ?青は藍より出でて藍より青し、ですね。 似たような形質のモノは短期間に合わせてはダメですよ~。

一応、ウチのイチゴに自信は有りますが、人工甘味料には敵いませんねぇ…向こうは甘味だけを抽出したモノですので。 ま、そこさえ気を付ければ前の二項目を考えていけばOKです。特に其の二が重要ですよ~♪

ではでは、M-stick(小型PC)が店舗に残っている様なのんびり知多半島ですが、常滑市付近に来るご予定のある方は朱里いちご園へおいで下さいませ~♪

2015年1月13日 火曜日 お知らせ, ハウス外での仕事について

前方に障害物!蹂躙せよ!!みたいな気分でお仕事

こんにちは~朱里いちご園です。連休中にお越し頂いたお客さんには感謝です。

そんな中、アタシはこんな事してました。

backhoo

まあ、臨時駐車場の整備中ですね。レンタルのバックホーで整地していたのでお客さんへの応対がろくに出来なかったことは申し訳ないです。

しかし、コレをやらないと雨の日の後が大変なんですよ;;

なにせ焼き物の街「常滑市」、粘土質の地盤がドロドロになるわ、滑るわで車が入れなくなるほどなので…(表面半乾きの状態で、2駆の4tダンプがハマりましたしね((((;゚Д゚))) )

そこで、そのテの専門家にお話を伺ったトコロ、頁岩(ケツガン)と言うものが良いのでは?とご提案がありました。

ん~、なんですのソレ?ってなりましたが、畑地の土壌改良に使われている実績と値段の安さから試しに導入する事にしました。

それがこの写真の岩です。パッと見は鉱物みたいですが、コレ、元々は泥だそうです。ketugan1ketugan

泥が何層にも積み重なって圧縮された泥岩、と言う風に言えばいいですかね。簡単なイメージとしてはミルフィーユとか構造用合板が想像しやすいかな?(高圧縮されているのは合板だけですけど…)

それで、この岩なのですが…届いてビックリです!!

硬い!?硬すぎる!!てか、なんで割ろうとしたステンレスのホーのが刃こぼれしてるのさ!?

いやあ、スゴイですね。2tダンプに砂積んで乗ってもバックホーで踏みつぶしても割れないヤツが結構いましたよ^^;

これなら、雨の日に車が入っても大丈夫そうで一安心です。この材料に行き着くまで時間かかりましたが、コレは良いですね(^^)b

ん?なんで砂利入れないのかって思った方、いますかね?

よく聞かれるのですが、ココ、農地ですので…冬期のみ臨時駐車場に利用しているだけなので、そんな軽率な事はできないのですよ。

これ以上書くと他の農家さんにマズそうなので止めときますが、一次産業を活性化させようと思ったら「農地法」「建築基準法」「都市計画法」みたいな法律とか、閉鎖的な市町による農地の囲い込みやら、何年も使っていない農地の接収とか、新規参入したい若造が気軽に手を出せるような仕組み作りが要ると思うのですがね。ここら辺は長くなるので割愛しときますか…

だいぶ脱線しましたが、今月中には整地が完了しそうですので、どうぞ宜しくお願いします。

 

2015年1月10日 土曜日 いちごについて, お知らせ

イチゴの生育は順調です♪

おはようございます~、朱里いちご園です。

前回はイチゴの写真をUPしていなかったので、今日は張っておきますね。

DSC_1871

最初の花から出来た果実は軒並み赤く熟して来ましたし、二番目の花も順調に出てきています。

この分ならしっかりとしたイチゴのご提供が出来そうで一安心なのですが、写真撮影には問題が…

え~と…あんまりぱっとしないですよね(^^;)
赤い実は摘まないと熟しすぎるほど成っているのですが、それ以上に次の枝や花が出てきているのが原因かと思われます…

成り疲れ(*1)でイチゴが出来ないよりは良いのですが、ブログ用に写真を撮るとなると厄介ですね。

こういう所における良い写真の撮り方が有ったら教えて欲しいものです。

 

(*1)成り疲れ:初めに出来た果実が多く、必要な栄養が多いのに対して、樹の生育が弱い場合に起きる生理障害。無理して栄養を果実に送った結果として、更に樹が弱って二番目の花が遅くなる。

えと、↑の様に栽培に関する専門用語はちょこちょこ解説しますので、興味のある方は読んで下さい。

 

ちなみに、アタシは文章の上ではイチゴの食べる部分を実と呼ばない様にしています。

なぜでしょうか?

まあ、食べる分にはどうでもいいのですが…あの赤い部分、実ではないのですよ。

正確には赤いトコロは「果たく」、イチゴの果実といえる「そう果」というのはあの粒々のトコです。そして、粒々の中に「種子」が入っているわけですね。

EDGE1そして、こんな風に紛らわしい果実を「偽果」と呼び、他にもイチジク・リンゴ・ナシなんかがコレに分類されます。

まあ、ここまで書いておいてアレですけど…結局、美味しければなんでも良いんですがね!( ´∀`)b

さてと、まだまだイチゴについては語りたい所ですが、いっぺんにやっても疲れますしね~

それでは、またの機会にです~(^^)ノシ

 

2015年1月9日 金曜日 お知らせ

電話番号について

こんにちはです。

昨日、電話が開設されたので、電話番号を変更させて頂きました。

ただ、その際番号を誤って記載してしまいました。お掛けになった方には大変申し訳ありません。

正しい番号は0569-47-6622となっておりますので、よろしくお願い致します。

現在は修正させて頂きましたが、ご迷惑をお掛けしました事を重ねて謝罪致します。

2015年1月8日 木曜日 お知らせ, 自己紹介

イチゴ狩り園として新規OPENです!

初めまして、朱里いちご園の吉田です。

ホームページが完成し、ようやくイチゴ狩り園としてのスタートを切る事となりました。

至らない点が多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

さて、テンプレートなご挨拶はここまでにして、自己紹介でもしましょうか。

出身:愛知県の知多半島、「焼き物」と「招き猫」の街、常滑市です

生まれた年:「ドラゴンクエストの初期作」や「○○○軍団のフライデー事件」と同い年です

趣味:「アクアリウム」や「釣り」、「PC自作」とか「ドット絵」、「サブカルチャー関連」なんかも好きですね

初めての投稿なので短文を書くことに違和感が…

ならば、上から順に少し詳しく話しますか!(生まれた年以外は)

常滑市の紹介はホームページにあるのですが、ここでもちょこちょこと紹介したいと思います。

 DSC_1831先ずは、「招き猫」についてですね。

発祥は江戸(東京)の寺社という説などいろいろありますが、現在、招き猫の生産量が日本一なのは常滑市なのですよ。

まあ、マーケティング能力の差なのか、瀬戸市の方がえらく招き猫を観光資源にしようと活動している気がしますが…(どうするのか、常滑市?)

マーケティングで言えば、焼き物もそのような感じですね。

日本六古窯の焼き物は、殆どが土の風合いが楽しめる地味なものが多いですが、後世になって出来た有田焼(伊万里焼)や九谷焼などの、染め付けの綺麗なものに押されている感がありますね…

ただ、最近では常滑市が若手の作家さんを育成しているおかげか、綺麗な模様の常滑焼も増えてきましたね。

まあ、ソレはそれ、ウチの屋号なんかは朱泥から1文字貰っていますし、個人的には常滑焼は本朱泥のものが良いと思いますが…あ~、これ以上の説明は長くなりそうなので切り上げます。

何かありましたら店頭で聞いてやって下さいm(_ _)m

次ですが、え~と、趣味については色々ありますね。インドアからアウトドアまで見境なしです。

「アクアリウム」は基本、熱帯魚ですが、日淡や海水、水草水槽、テラリウムまで、なんでも好きですね。

特にアフリカの魚が好きなので(ブランジェロクロミス~ネオレビアスまでщ(゚д゚щ)カモーン)、そういう奇特なアクアリストの方は語ってくれると喜びますよ!

「釣り」は忙しいせいで最近行けないのが悩みですが、知多半島の中腹(常滑や半田、武豊、知多)あたりで釣ってますね。

投げ釣りや探り釣りのような頻繁に体動かす釣り方が好みですが、腕は若輩もいいとこなのです…orz

「PC自作」については、まあ、やらない人には伝わらない気がするのですが…簡単な説明をするとですね…

ん~、CPUとか電子基板(マザーボード)から作るわけではなく、ケースかやらSSDやらメモリーなんかを買ってきて、プラモデル感覚で組み立てるだけなんですね。

まあ、液体窒素使った冷却装置でOC(オーバークロック)する程のヘビーユーザーではない事は確かですし、どちらかと言うと省スペースでそこそこの性能を出せるマシンが好きです。

「ドット絵」なんかは気が向いたら打つ位ですね。

ドット絵ってなに?っていう人もいるかと思いますので、説明を。

ファミコンゲームの画面やらガラケーのアイコンを思い浮かべると角張った絵面がでてくると思いますが、それです。

ドレスハット(左前)

まあ、こういうキャラクターとかですね(趣味丸出しですが…)

拡大してみるとだいぶ角張ってきます。

あ!、方眼紙のマス目に色を塗っているようなもの、ピクロスと同じ画法と言うと判りやすいかもですね。

       ゲームだと、アトリエシリーズやサモナイシリーズ、ラグナロクとか、

       昔のだと聖剣伝説とかFEとかが絵だけでグッときますね!

       まあ、あまり見てくれる人をドン引きさせるのもアレなので、次へ!

「サブカルチャー関連」ですね………うん、やめた方が良い気がしますね。

でも、一応やりますか。いわゆる漫画やアニメ、ゲーム、フィギュアなどの日本で異常に発展した創作物ですね。

以前、愛知県岡崎市でエヴァに出てきた武器を鍛冶職人が錬成したイベントも開かれたり、お台場に1/1スケールのガンダムが大地に立ったり、紅白歌合戦に声優さんが出場した辺りが一般の方には有名ですかね。

まあ、報道機関の偏見・差別上等としか思えない報道についてはいろんなトコで語られているので割愛しますけども…

どっかのTVでCOOL JAPANとかより日本の伝統文化を海外に発信するべきみたいな事を言っていましたが、論点がズレていますね。

アタシも伝統文化・芸能は大好きです(世襲制は大嫌いですが^^;)

どちらも異国の人に好評なら、どちらも押していけば良いはず…なんであんな発言に至ったのかな~ですよ。

鎖国時代から進歩していないのかと不安になりますね。まあ、理解してくれとは言いません、優しくして下さい。

ん~、長くなってきたのでココまでにしておきますか。

イチゴ農家らしいトコが0だった気がしますが…今度はイチゴの写真UPしますので、ご勘弁をm(_ _)m

それでは、「朱里いちご園」これからよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

最近投稿された記事

カテゴリー

月間アーカイブ

外観画像

〒479-0802
愛知県常滑市西阿野字天気354

アクセス方法はこちら

TEL:0569-47-6622

営業時間:9:00~16:00

※苺狩りは予約制となっています。

※WEBでのご予約の方はお一人様につき100円引させていただきます。

  • あかりブログ
  • 常滑市の紹介
  • 朱里いちご園の紹介
  • 予約カレンダー